読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ユリイカ 2013年8月号 特集=今日マチ子 『センネン画報』から『cocoon』『アノネ、』そして『mina‐mo‐no‐gram』へ―線の快楽、色の魔法

ユリイカ 2013年8月号 特集=今日マチ子 『センネン画報』から『cocoon』『アノネ、』そして『mina‐mo‐no‐gram』へ―線の快楽、色の魔法

ユリイカ 2013年8月号 特集=今日マチ子 『センネン画報』から『cocoon』『アノネ、』そして『mina‐mo‐no‐gram』へ―線の快楽、色の魔法

作家
今日マチ子
しりあがり寿
宇多丸
夏目房之介
藤田貴大
出版社
青土社
発売日
2013-07-27
ISBN
9784791702596
amazonで購入する

ユリイカ 2013年8月号 特集=今日マチ子 『センネン画報』から『cocoon』『アノネ、』そして『mina‐mo‐no‐gram』へ―線の快楽、色の魔法 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

NагΑ Насy

妖怪! 悪魔! ガロ! 近藤聡乃と今日マチ子。高校時代にかよっていたオチャビの見ひらきまんが。この夏、コクーンの再演。

2015/05/26

龍國竣/リュウゴク

今日マチ子特集。

2013/07/29

ごぱん

cocoonの劇を鑑賞した際、サトコやサンのセリフに少し?っとなったのですが、こちらを見て解決しました。 もっとこちらを読んでから、劇を鑑賞していればまた違った視点で観劇できたかもしれない…。 一冊まるまる今日さんです。 今日さんちの猫さんのグラビア付き! 個人的に、観劇された方はリンクする点が多々あり疑問の紐解きにもなるのではないかと思います…。表紙もcocoonのサンと劇のサン役の青柳いづみさんが対になっているという事で、本棚に二つ並べて飾るのも良いと思います。

2013/08/27

sayaka

今日マチ子特集。好きだわ、この人。年下って知ってびっくりしたわ~。

2013/08/10

flatscan

時期的なものもあるだろうが『cocoon』に触れずに今日マチ子を語ることの困難さが窺い知れる。それほどまでに同作と『アノネ、』は衝撃的だったと。今日マチ子自身の言葉が読めた対談は良かった。あと福田里香「UはtongUeのU フードまんがとして読む今日マチ子」は他に無い切り口で面白い。今日マチ子が描く「物」の中でも「食べ物(果物)」は最重要だろう、きっと。明るく爽やかな画面を描きつつ、その裏に秘められた不穏な空気が気になってしょうがない自分としては、今日マチ子が持ち合わせている毒が見えた1冊。必携。

2017/05/07

感想・レビューをもっと見る