読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ユリイカ 2013年9月号 特集=クマ

ユリイカ 2013年9月号 特集=クマ

ユリイカ 2013年9月号 特集=クマ

作家
中沢新一
酒井駒子
湯川豊
石川直樹
中川いさみ
出版社
青土社
発売日
2013-08-26
ISBN
9784791702602
amazonで購入する

ユリイカ 2013年9月号 特集=クマ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

壱萬弐仟縁冊

中沢新一「クマよりもたらされしもの」(40頁~)。森は人間にとって両義的な場所で豊かさ、生命の根源であると同時に人間の生活を破壊する 力も秘める。クマはそ森の王者ゆえ、人間を殺す怖ろしさと、鹿や猪などの動物を贈る慈悲深さを持っている(43頁下段)。人間に危害を加えれば殺害対象。他の動物は癒しだのと言っているが、同じ動物でかくも対応が違うのもどうかと思う。大崎清夏「熊に会ったら歌うこと。」(122頁~)。死んだふりをしてはいけない。木にも登る熊。『動物紳士録』に大声で歌うことを記してあるという(127頁)。

2014/10/24

ふくぅ

「クマ」の特集というので、「何だろう?」と思い購入。

2014/06/03

tatsuw0

伊藤博明「熊が舐める 成形と育成の伝承をめぐって」が素晴らしかったです。坂本邦暢さんによる紹介記事→http://d.hatena.ne.jp/nikubeta/20130826

2013/08/30

YumiMori

川上弘美を読みたくなりました…

2013/09/22

もぎもぎ

卒論参考文献。クマの世界めっちゃディープ。全部読んじゃった。

2017/10/25

感想・レビューをもっと見る