読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ユリイカ 2016年7月号 特集=ニッポンの妖怪文化

ユリイカ 2016年7月号 特集=ニッポンの妖怪文化

ユリイカ 2016年7月号 特集=ニッポンの妖怪文化

作家
小松和彦
京極夏彦
藤田和日郎
峰守ひろかず
出版社
青土社
発売日
2016-06-27
ISBN
9784791703104
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

絵師・鳥山石燕、仏教哲学者・井上円了、民俗学者・柳田國男…といった、
前代の妖怪画/学を蒐集・統合し、
現代の人々が「妖怪」と聞いて想像するイメージをつくり上げた水木しげるが、
昨年の11月に逝去した。
水木以後の妖怪文化はいかに発展してゆくのか?
民俗学、歴史学、美術史からマンガ、アニメ論まで、
災いをもたらす恐ろしい存在から愛すべき人気者へ--
妖怪たちの表象の変遷をたどるとともに、
新たなる妖怪学を開く機会としたい。

ユリイカ 2016年7月号 特集=ニッポンの妖怪文化 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

なし

創作小説のみ読了。米澤穂信「野風」目当てで読んだが、田辺青蛙「歯痛と鬼」が思いの外ヒット。どことなく梨木香歩『家守綺譚』のような雰囲気。

2016/08/09

kenitirokikuti

2016年刊行。再読。小松・京極対談。日本の妖怪の特徴のひとつは、未来志向がなく、たいてい過去に根がある。対して、「怪獣」には未来志向がある。たしかに、ゴジラやウルトラ怪獣にはそんなイメージがあるなぁ。

2017/07/22

めぐみ

お目当は藤田氏の記事を中心に、全体を斜め読み。妖怪大好き。

2016/07/12

kenitirokikuti

特集 ニッポンの妖怪文化 / 伊藤慎吾「ライトノベルの妖怪像」▲魔物退治ものは、敵を倒すのに一捻りが必要なことが多い。▲スニーカー文庫の『妖魔夜行』シリーズ。言われたら思い出すけど、自分からは思い出せなかった。▲学園魔物退治もの。味方妖怪がヒロイン化すると、ケモが多くなる。D&D体系でのエルフに該当するポジション。「座敷童子」の微妙な改変。また、擬人化の代替としての「付喪神」。これはMS少女や艦むすと同類?

2016/09/18

オブ犬

妖怪に関する様々な考察が集まっている。鳥山石燕以前のまだ姿を得ていないものから妖怪ウォッチまでバラエティ豊か。今回は創作短編小説も多め。亡くなった水木しげる先生について、戦後の妖怪観に与えた影響は甚大としながら、それは功罪ともにあったとする視点がチラホラ見かけられた。興味深い話が多くて面白かったです。

2016/08/31

感想・レビューをもっと見る