読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ユリイカ 2016年12月号 特集=『ファンタスティック・ビースト』と『ハリー・ポッター』の世界 ―J・K・ローリングと魔法とファンタジー―

ユリイカ 2016年12月号 特集=『ファンタスティック・ビースト』と『ハリー・ポッター』の世界 ―J・K・ローリングと魔法とファンタジー―

ユリイカ 2016年12月号 特集=『ファンタスティック・ビースト』と『ハリー・ポッター』の世界 ―J・K・ローリングと魔法とファンタジー―

作家
デイビッド・イェーツ
エディ・レッドメイン
松岡ハリス佑子
J・K・ローリング
出版社
青土社
発売日
2016-11-28
ISBN
9784791703197
amazonで購入する Kindle版を購入する

ユリイカ 2016年12月号 特集=『ファンタスティック・ビースト』と『ハリー・ポッター』の世界 ―J・K・ローリングと魔法とファンタジー― / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

多様な視点でJ・Kローリングの世界を楽しめた。

2017/06/11

ybhkr

ハリポタの記憶が薄まっていて、ちょこちょこそんなこともあったなあ、と。ロンとハーマイオニーがコンパートメントから去ったあと、ジニーに出会うハリー、言われてみれば確かにフラグだったのかもしれない。舞台・ハリー・ポッターと呪いの子について、作者がわたしはハーマイオニーの肌の色を明言してない、と言った話を知り、そうだっけ?と吃驚。映画の影響か明言されてないけど最初からその気分に。世界中の翻訳でもそうなのか気になる。ファンタビとポケモンの類似点多し。ディビット・イェーツかわいいなあ。

2017/02/09

ra7

ハリポタをそんなふうに読むことができるのかという発見が多くて、読み直したくなった。あと後半に多かったファンタジー考が興味深い。小さい頃から慣れ親しんでいたから、昔からあるものかと思っていたけど、ゲド戦記もナルニアも年代的にはあまり変わらないんだよなぁ。そして、ものすごくバーティミアスを再読したい。

2016/12/19

入江・ろばーと

井辻朱美と小澤英実の論考が興味深い。深緑野分の論考は脱線感半端じゃない。

2016/12/05

感想・レビューをもっと見る