読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ユリイカ 2018年9月号 総特集=濱口竜介 ―『PASSION』『ハッピーアワー』『寝ても覚めても』・・・映画監督という営為―

ユリイカ 2018年9月号 総特集=濱口竜介 ―『PASSION』『ハッピーアワー』『寝ても覚めても』・・・映画監督という営為―

ユリイカ 2018年9月号 総特集=濱口竜介 ―『PASSION』『ハッピーアワー』『寝ても覚めても』・・・映画監督という営為―

作家
濱口竜介
蓮實重彦
平倉圭
砂連尾理
三浦哲哉
柴崎友香
東出昌大
岡本英之
tofubeats
松野泉
志賀理江子
出版社
青土社
発売日
2018-08-27
ISBN
9784791703548
amazonで購入する Kindle版を購入する

ユリイカ 2018年9月号 総特集=濱口竜介 ―『PASSION』『ハッピーアワー』『寝ても覚めても』・・・映画監督という営為― / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しゅん

ユリイカは買ってもなかなか読み終わらなかったりするのだけど、今回はスルスル読んでしまった。ほとんど全ての論考が生き生きとしている。蓮實×濱口対談における蓮實の逞しさ、清原惟と三浦哲也が同じシーン(瀬戸康史怒りのチェーホフ)を別の視点で分析してるのも刺激になる。映画そのものの「社会実験」性を『ハッピーアワー』から見出す長谷正人の論は演技と社会の関係性を考えるジャンプ台になっているし、濱口映画とダンスや妊娠との関係性も興味をそそられる。ここまでワクワクする『ユリイカ』は久々、もしくははじめてかもしれない。

2018/09/28

マスカットココナッツバナナメロン

濱口竜介の短い文章がとても良い。映画館で「退屈な」芸術映画を観ている時、うたた寝して再び目を覚まし、ストーリーも何も分からない画面をただ眺めていると、観客の身体はふと日常的な次元を離れて映画のためだけに存在し始めることがある。その時の不思議と充実した「退屈さ」は人間的なものだ、という話に納得した。これまで「退屈な」映画を避けてわかりやすい娯楽を無意識に求めていた自分を反省すると同時に、AIが完璧にレコメンドしてくれる時代にあって「好みの作品」のみを見るという態度には何ら積極的意味がないことに気づく。

2018/09/30

jamko

蓮實先生、濱口監督めっちゃ好きなんだなと思いました笑 『ハッピーアワー』も見たいな。

2018/12/18

kentaro mori

執筆者の誰もがノリながら書いているのがわかる。これほどの熱量のあるユリイカ、かつてあっただろうか?そして、知れば知るほど底知れない濱口竜介という「方法」。この「奇跡」は映画だけのものではない。これは「社会」だ。「現実」だ。⚫️「たとえ苦しくても、誰かと一緒に生きていくことが選択されるような映画が作れないものか」⚫️濱口:「観客とのコミュニケーションの可能性を排除していない」ということなんじゃないですか。僕は、観客によって豊かになるものとして映画をつくっている。

2018/09/04

植田康太郎

映画に興味を持ち出したきっかけの本。1人の監督の特集でこれほど批評できるとは思ってなかった。濱口竜介の作品は『寝ても覚めても』『天国はまだ遠い』『不気味なものの肌に触れる』『親密さ』を観たことがあるが、よりこれらの作品について理解できた。

2018/11/04

感想・レビューをもっと見る