読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ユリイカ 2019年12月臨時増刊号 総特集◎装幀者 菊地信義

ユリイカ 2019年12月臨時増刊号 総特集◎装幀者 菊地信義

ユリイカ 2019年12月臨時増刊号 総特集◎装幀者 菊地信義

作家
菊地信義
谷川俊太郎
伊藤比呂美
蜂飼耳
出版社
青土社
発売日
2019-11-12
ISBN
9784791703784
amazonで購入する Kindle版を購入する

ユリイカ 2019年12月臨時増刊号 総特集◎装幀者 菊地信義 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

くまさん

 手、触覚、直感を語る言葉たちに、文字通り一瞬にして惹かれた。装幀者の名前はいつも目にしていたのに、なにも知らなかった。作品の徹底した読み込みから構想されるデザインの必然性というものをはじめて垣間見る気がする。「読み始めて最初の一頁ですごい一行に出会って、その一行がその人の人生を決めてしまうようなこともありうる」(菊地信義氏)。言葉に真剣に向き合い、自分自身を生きること、これほど胸を衝かれる言葉もない。執筆者の共鳴もひたすら美しい。他者と深く出会うために今日も手触りを確かめながら本を開く。

2019/12/01

社交って感じの文章が多いな。

2020/03/17

huchang

装幀の特集号なのに、写真がほとんどない。これが菊地信義の仕事をあらわしているように思う。何人かが質感に触れているが、私もこれを抜きにして菊地信義の装幀は私はあり得ないと思っている。だから写真がないのかと得心する。図書館で見た古井由吉の本の装幀に心惹かれて思わず手に取り、名前を探したのが私が菊地信義を知ったきっかけ。ここに文章を寄せている人も、そうした個人的体験を外せなかったようだ。わかるよ、わかるよ!装幀やカバーデザインに心惹かれて、名前を探した経験のある人はぜひ。

2020/04/16

感想・レビューをもっと見る