読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ユリイカ 2020年5月号 特集=韓国映画の最前線 ―イ・チャンドン、ポン・ジュノからキム・ボラまで―

ユリイカ 2020年5月号 特集=韓国映画の最前線 ―イ・チャンドン、ポン・ジュノからキム・ボラまで―

ユリイカ 2020年5月号 特集=韓国映画の最前線 ―イ・チャンドン、ポン・ジュノからキム・ボラまで―

作家
ポン・ジュノ
キム・ボラ
チョン・ジュリ
シム・ウンギョン
真利子哲也
深田晃司
出版社
青土社
発売日
2020-04-28
ISBN
9784791703852
amazonで購入する Kindle版を購入する

ユリイカ 2020年5月号 特集=韓国映画の最前線 ―イ・チャンドン、ポン・ジュノからキム・ボラまで― / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

かふ

韓国映画の凄さはインディーズでは日本映画も頑張っていると思うがエンタメ映画における作家の自主性なのかな。その成功例と挙げられるのがボン・ジュノのアカデミー賞受賞作だ。国の映画助成に金は出しても作品に文句は言わない。社会的に反体制映画でもエンタメとして制作される。その部分でハリウッド的なエンタメ性をも取り入れている。四方田犬彦『韓国ニューウェーブ二〇年』韓国の現代史を取り入れた負の歴史をもエンタメとして消化させる。その先駆けとなり光州事件を描いたイ・チャンドン『ペパーミント・キャンディ』。

2020/06/01

ワンタン

特集は「韓国映画の最前線」、とても充実した特集だった。韓国でフランスを参考にした映画振興組織や、劇場の興業収入を財源とする基金があって企画段階から上映まで助成金が下りるとは知らなかった。特集の中でも指摘されてるように脚本段階から口出しされることになるので、市場の論理にさらされる日本と比べて、問題がないとばかり言いきれない面はあるだろう。しかし「多様性映画」という用語を考案し、映画の多様性を守るため、市場受けしない芸術映画にも助成の枠を設けている、という方式は素晴らしいと思う。驚いた。

2020/12/14

ヘジン

この本は古典や難しい系の映画はそんなに扱ってなくて、私みたいにWikipediaの韓国国内の韓国映画興行成績ランキングベスト108の中から選んで一つ一つ見てるみたいな人にちょうどいい感じ。知ってる映画がいっぱい出てきて楽しい。映画の情報ってネットでもいっぱい拾えるけど、こういう映画のプロが書いたやさしい解説を読んでみると、より理解が深まります。観てから読むも良し、読んでから観るも良し。

tekka

タイトル通り、韓国映画の情報がたっぷり詰まっていて読みごたえがあった。私は借りて読んでみたのだが、韓国映画に興味のある人は買って手元に置いといて損はないと思う。

2020/08/27

感想・レビューをもっと見る