読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ユリイカ 2020年9月臨時増刊号 総特集◎大林宣彦 ―1938-2020―

ユリイカ 2020年9月臨時増刊号 総特集◎大林宣彦 ―1938-2020―

ユリイカ 2020年9月臨時増刊号 総特集◎大林宣彦 ―1938-2020―

作家
大林宣彦
塚本晋也
犬童一心
大林恭子
大林千茱萸
出版社
青土社
発売日
2020-08-26
ISBN
9784791703890
amazonで購入する Kindle版を購入する

ユリイカ 2020年9月臨時増刊号 総特集◎大林宣彦 ―1938-2020― / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

大林宣彦のフィルモグラフィーを網羅、俯瞰した内容を期待すると肩透かしを喰らう。なぜなら多くの執筆者達は、尾道三部作や晩年の戦争三部作よりも『HOUSE』に言及しているからだ。しかし、その理由は理解できる。大林のデビュー作である『HOUSE』の正当な評価を、没後の今こそ取り戻したいとする動機もあるが、何より『この空の花』『野のなななのか』『花筐』の戦争三部作と遺作となった『海辺の映画館』を観た者は、どうしても『HOUSE』を思い出さずには居れなくなるからだ。

2020/09/29

Tetsuji Yamaguchi

★★★

2020/09/08

トランザム7000

さて、どこから読もうかな?パラパラとページをめくって考える。まずは1997年『HOUSE』直後の大林宣彦さんのインタビューから。塚本晋也監督と犬童一心さんの対談も楽しみだ。手塚眞監督、小中和哉監督、岩井俊二監督のページも面白い。食後に、寝る前に、少しずつ読む。あれ、どこまで読んだっけ?読後、もちろん大林宣彦監督の映画を見たくなるのは必然だ。

2021/03/28

感想・レビューをもっと見る