読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

現代思想2012年11月臨時増刊号 総特集=チューリング

現代思想2012年11月臨時増刊号 総特集=チューリング

現代思想2012年11月臨時増刊号 総特集=チューリング

作家
アラン・チューリング
円城塔
信原幸弘
郡司ペギオ幸夫
照井一成
ドミニク・チェン
安西祐一郎
柄沢祐輔
池上高志
鈴木誉保
三浦岳
新井紀子
西垣通
佐藤文隆
西川アサキ
高橋昌一郎
田中一之
出版社
青土社
発売日
2012-10-17
ISBN
9784791712526
amazonで購入する

現代思想2012年11月臨時増刊号 総特集=チューリング / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おすぷれみす

実家帰った時に本棚にあったので懐かしく再読。 再読してもやっぱ分からんヤツもあった。

2018/05/16

山内

後半が難しかった…生物分からん。しかし前半は結構すらすら読めた。チューリング本人の論文は予想外のユーモアに溢れ、円城塔にもクスッとさせられ。ところで途中「は?」と言いたくなるような文章が一つあったけれど、あれはなんだったのだろうか…気のせいということにしておく。

2014/02/27

quolc/Ryohei Suzuki

チューリング論文は主要な計算可能性とチューリングテストに関する2本。残りは様々な分野の論者による解説。解説の方は、面白いものあれば停止問題の意味を取り違えているように見受けられるものもあって、玉石混交といった印象だった。

2013/08/27

tamioar

円城塔のこの手のエッセイもっと読みたいなー。

2013/05/31

YuYu

20世紀初頭、発展した数学の哲学の時代に生きたチューリング。 形式論理学、集合論などを考え直し、今どう変わっているか、どうあるべきか考えさせられる一冊

2012/11/01

感想・レビューをもっと見る