読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

唯脳論

唯脳論

唯脳論

作家
養老孟司
出版社
青土社
発売日
1989-09-25
ISBN
9784791750368
amazonで購入する

唯脳論 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐島楓

脳科学の授業の推薦書。古本で買ったけれど、文庫版を買い直した。それだけの価値がじゅうぶんある本です。

2015/05/29

やす

視覚系と聴覚系は空間と時間をそれぞれ認識し、構造と機能に対応する。意識とは脳の機能である。脳が作り出したものであるから、人類の文化、科学は脳に規定されている。当然のことである。数学も物理学も進化論もそのとおり。現代は脳化した社会である。脳だけがあり身体性は排除されている。しかし脳も身体であり死が訪れる。といった内容。哲学を解剖すると脳の機能が現れたという趣旨。面白いが、デカルトで十分。

2012/11/25

Mr_meganeboy

「現代とは、要するに脳の時代である。」という名惹句から始まる名著。我々が構造と機能をごっちゃにして考えすぎているという指摘と、構造はより無時間的な「視覚系」な見方であり、機能は時間的な「聴覚・運動系」な見方という考え方は目から鱗だった。さらに、その異質なものが脳の中ではじめて「連合」する時、人は「わかった」と叫ぶという論についてはもはや感動を覚えた。そして、終章で脳の身体性について述べ、身も蓋もないオチを突きつける。素晴らしい読書体験だった。ただ、知識不足ぎてイミフな箇所が多数あったので、いつか再読する。

2014/06/22

kgbu

脳に関する21世紀の英語の文献を呻吟しつつ読む合間に本書をひろい読みっするのは楽しかった。解剖学者の前では脳も器官であり、消化や排泄と同様、意識も器官の都合であるはずだ、という論など、いくつも心に残った。また時間があったら再読したい。

2014/06/17

tamaph

バイブル1

感想・レビューをもっと見る