読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

島とクジラと女をめぐる断片

島とクジラと女をめぐる断片

島とクジラと女をめぐる断片

作家
アントニオ・タブッキ
Antonio Tabucchi
須賀敦子
出版社
青土社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784791753796
amazonで購入する

島とクジラと女をめぐる断片 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

新地学@児童書病発動中

ゆるやかなつながりを持ったタブッキの連作集。クジラが象徴的に使われており、人間の卑小さを浮き彫りにする存在として詩的に描かれている。これまで読んだタブッキの小説の中で一番難解で、作者の言わんとすることを掴むのは難しい。ただし文章自体は平易で、分かりやすい。邦訳の「断片」という言葉が暗示的で、これらの物語の断片をつなぎ合わせても、大きな空白が残る。それでもその空白は豊かなイメージに満ちていて、読み手を海と言う魅惑に満ちた世界へ誘ってくれる。

2015/11/17

ののまる

これが、須賀さんがずっと訳したかった本なんですね。実験的な感じ。

2015/03/13

感想・レビューをもっと見る