読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

時のかけらたち

時のかけらたち

時のかけらたち

作家
須賀敦子
出版社
青土社
発売日
1998-06-01
ISBN
9784791756469
amazonで購入する

時のかけらたち / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

aika

石畳の硬い感触、教会の構造、詩や絵画などヨーロッパの思考に惹かれ、悩み、数十年という長い時間が経ていく中で、須賀さんの思考が再構築されていく過程を知れました。今まで読んできたどの作品よりも難しく、言葉に率直さを感じます。「二十五年がすぎて、枠と細部を、貴重な絵具のようにすこしずつ溶かしては、まぜることをおぼえたいま、私は、ようやく自分なりの坂道の降り方を覚えたのかもしれなかった。」戦後の貧しさが残るパリ、愛したイタリア、そして戻ってきた日本、生きてきた全ての時間が須賀さんの中に息づいていました。

2020/09/13

Mishima

イタリアという国があまりにもわたしには遠くて、理解が及ばない本でした。でも、好きです。須賀敦子さんは、やはり良いです。12編中最後にあった文中の詩が心に響いたのでメモとして。 「ぐっすりとねむったまま生きたい 人生の優しい騒音に囲まれて。」サンドロ・ペンナ。

2018/08/15

tom

須賀敦子の連続読み。どういう経過をたどって彼女という人ができ上がったのかを知りたくて、読み続けているのだけど、今のところぼんやりとしすぎている。少々疲れてきた感じもある。もう少し読んでみるのか、ここらで一休みするのか、ちょっと思案中。一休みしたら、そのまま読まなくなってしまう可能性も大きいからなあ。どうしよう。

2022/02/07

kthyk

先月、参加したばかりのレヴューで「地図のない道」をコメントしたが、あの時、どうしても思い出せなかった「時のかけらたち」。今朝、読ませていただいたレヴューでようやっと思い出した。ペッピーノを喪ってからの須賀さんはヴェネツィアを度々訪れ、16世紀ヴェネトの建築家パラーディオにも触れている。「地図のない道」ではデリ・インクラビリから望むレデントーレ教会の景観を「ヴェネツィアでもっとも愛している風景」と書かれたが、「時のかけらたち」では同じ教会をまるで小説のように語っている。ー>

2020/11/20

あ げ こ

流れ去った時間にふと感じる、今の自らとの繋がり。今の場所へと自らを運んでくれた、時のかけらたち。心の内より取り出し、ひとかけらひとかけら、丁寧に磨き上げ、今一度輝かせる。繊細に紡いだ言葉が浮かび上がらせる情景の、淡い色彩の美しさ。須賀敦子の文章はいつも、水分を多く含むために滲んで広がった色の穏やかさ、柔らかさを思わせる。温かな光の中に、微かに混じる寂寥感、静謐な言葉が残す余韻まで、たっぷりと味わい、愉しんだ。

2014/02/01

感想・レビューをもっと見る