読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

イタリアの詩人たち

イタリアの詩人たち

イタリアの詩人たち

作家
須賀敦子
出版社
青土社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784791756568
amazonで購入する

イタリアの詩人たち / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

コットン

5人の現代イタリア詩人の丁重な解説。特に須賀さんが思い入れのあるサバについての文:「長い間、私の中で歌い続けたサバのトリエステは途方もないひろがりをもつ一つの宇宙に育ってしまっていて、明るい七月の太陽のもとで、現実の都市の平凡な営みは、ただ、ひたすらの戸惑いをみせているのにすぎないのだった。」美文だ。

2015/02/04

メタボン

☆☆ 須賀さんの言葉は美しいが、イタリアの詩自体は理解することが難しかった。モンターレの詩1篇だけは心に残った。「ある日 閉め忘れたドアのむこうの/中庭の樹々のあいだに/レモンの実の黄色がみえるとき/心の氷結が 不意に溶け/胸に音たてて迸る/彼らの うた/太陽の黄金(きん)の喇叭」

2014/02/11

すみの

伊を代表する5人の詩人。*ウンベルト・サバ/出身地トリエステと妻リーナについて、日常を語りかける。素朴な印象。*ジュゼッぺ・ウンガレッティ/自由詩『川』。パリでマクラメらと交流。その影響が詩にも表れている。*エウジェニオ・モンターレ/音楽家を目指していた影響で韻律が素晴らしい。*ディーノ・カンパーナ/精神分裂病者。散文詩『オルフェウスの歌』韻文詩『夜』は強烈な印象。*サルヴァトーレ・クワジーモド/ギリシア風を感じさせ完成された芸術詩の印象。私には難解な比喩。***日本語訳詩をした先生方が偉大だったと。

2017/01/15

lune

サバ、ウンガレッティ、モンターレなどイタリアを代表する詩人の作品を須賀氏訳で、しなやかな文体の解説が添えられている。モンターレの初期の作品「レモン」のなんとも鮮やかなこと。この詩に出会えただけでも読んでよかったと思えた。

2013/08/30

ポカホンタス

5人のイタリアの現代詩人の紹介と評論。著者の文章は鮮烈で鋭い。またスケールがでかい。詩の翻訳も著者自身なので、翻訳の文章と紹介の文章とが地続きとなっている。かといって単調ではなく起伏に満ちている。全部ひっくるめて須賀文学ということになるのだろう。うかつに近づくとガチンと跳ね返されそうになる。

2016/11/24

感想・レビューをもっと見る