読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

東京迷宮考―種村季弘対談集

東京迷宮考―種村季弘対談集

東京迷宮考―種村季弘対談集

作家
種村季弘
出版社
青土社
発売日
2001-10-01
ISBN
9784791759217
amazonで購入する

東京迷宮考―種村季弘対談集 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ワッピー

「異界幻想」から遡上。種村対談は実に豊穣な魔海で、どんどん沖へ流されていく実感を味わえました。巨大な東京迷宮をいずれ劣らぬ妖怪たちと語り尽くし、知らない世界へ扉を開いてくれます。路地裏の魅力、変遷する都市、怪しげな家、すり鉢地形と怪異の関係、過去と現在、迷宮の王道・古書店、食生活、隠棲、建築論、都市機能など怪しい東京を堪能しました。どの対談もすごいけど、田村隆一「変貌する都市」もよし。いずれ「天使と怪物」にも到達する予感・・・怪談本を発見する下心で手に取りましたが、目的を忘れて読みふけりました。おススメ!

2021/07/14

askmt

古きを懐かしみつつくだを巻いているような感じ。東京も多層的である。井波律子との対談が興味深かった。

2016/03/30

感想・レビューをもっと見る