読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

網状言論F改―ポストモダン・オタク・セクシュアリティ

網状言論F改―ポストモダン・オタク・セクシュアリティ

網状言論F改―ポストモダン・オタク・セクシュアリティ

作家
東浩紀
斎藤環
竹熊健太郎
永山 薫
伊藤剛
小谷真理
出版社
青土社
発売日
2003-01-01
ISBN
9784791760091
amazonで購入する

網状言論F改―ポストモダン・オタク・セクシュアリティ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヤギ郎

斎藤環『戦闘美少女の精神分析』から東浩紀『動物化するポストモダン』を橋渡しする対談と論文集。対談はもっぱら斎藤対東で展開されているけれど、その間に小谷真理がするどい指摘をしていて読んでいて楽しい。2000年代へ入った頃の論壇の雰囲気がが味わえる。『戦闘美少女の精神分析』と『動物化するポストモダン』を読み解く手がかりになる一冊。

2019/11/02

→chika

パラパラ読めばいいワと思い、息抜きのために開いたのだが、思いの外おもしろく、ページを捲る指がとまらなかった。私は、近年のサブカルチャー・ムーヴメントに関心があるのだけれど、それを知るためには、それの根源というべきオタク論議を読み解く必要がある。私が興味があるのは、その「オタク」をめぐる抑圧の構図…つまり、ワンピースやナルトが好きだと公言する人が、それと同時に「オタクってどうよ」というような態度がとれてしまう社会の構図が、とても抑圧的に読めてしまうからだ。私はこういうのが大好きなのね。ホント、脱構築したい。

2015/06/13

Toshiyuki Marutani

伊藤と永山による後記が、一番腑に落ちた。読んだかいあり。

2020/06/07

ルンブマ

自慰行為は性行為と捉えられるのか、そうではないのか。斎藤は自慰を、性行為の中に含められるとし、東は自慰は性行為に含まれず、オートエロティシズムの延長でしかないとする。。。。。

2020/03/08

まあい

図書館で借りた本。2003年に出版された本で、各論者がのちに自著で展開するような議論があったり、これ以前に開陳した議論があったり、という感じ。竹熊健太郎の「オタク第一世代」についての語りが思いのほか興味深かったほか、オタクにジェンダーの問題を持ち込んだ小谷真理の議論は非常に参考になる。特に第二部の東・斎藤・小谷の鼎談が濃い「九五年あたりを境にして(…)オタクとやおいという明確な対立がなくなり、男子も女子も関係なく萌えのデータベースに転んでいくような状況が出てきている」(p151)に共感

2016/10/07

感想・レビューをもっと見る