読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

赤ちゃん教育

赤ちゃん教育

赤ちゃん教育

作家
野崎歓
出版社
青土社
発売日
2005-06-01
ISBN
9784791761937
amazonで購入する

赤ちゃん教育 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

wasabi

「さらに一般化するならば、なべて『死』につながる主題というのは、文学的な正統性をあまりにやすやすと獲得してしまうのではないだろうか。それに対してこの世に出てきてしまった赤ん坊、一日一日と生へのエネルギーをふくらませていく幼児は、文学をはねのける問答無用の野蛮さに満ちあふれている。そして赤ん坊を迎えた側は高尚な感慨に浸る暇などあらばこそ、おむつを替え、抱っこしてなだめすかし、笑った喋ったといっては大喜びして随喜の涙を流し、くる日もくる日もそんな単調にして強烈な原初のエモーションの波に洗われ続けるほかなくなっ

2018/01/22

moet(モエ)

楽しく読みました。赤ちゃんの泣きやませ方を求めて『ジャン・クリストフ』を読む人もなかなかいないだろうけど。

2012/07/27

ロピケ

野崎さんがBSの番組に出演されて、その折に著書として挙がっていた中でタイトルが意外だったので無性に読みたくなりました。何となく読みずらい文体ながら、著者の子どもをめぐる日常生活は読んでいて楽しく、他の本を読んでいる途中だったのに最後まで読んでしまった。

2009/12/06

感想・レビューをもっと見る