読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

先端で、さすわさされるわそらええわ

先端で、さすわさされるわそらええわ

先端で、さすわさされるわそらええわ

作家
川上未映子
出版社
青土社
発売日
2007-12-01
ISBN
9784791763894
amazonで購入する

先端で、さすわさされるわそらええわ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

里季

うーん。年齢的なものか、ちょっと無理だった。 文体は心地よく音楽を聴いているように流れていくのだが、なんのことやらふわりとした雰囲気のようなものしかわからない。 いつか再読してみよう。

2017/11/25

里愛乍

デビュー作からダイレクトな単語が多くて、首だの血だの性交だの難を言えば読みにくい、けどこれがこの人の文体で形として必要なのかもしれない。なぜなら自分の直覚が読んでいて肯定しているのが分かる。言葉とはそれ意外のものにはならない。だから表現も他のものにすればおそらく意味は変わってしまう。私が今受けている直覚はこの読みにくさからそんなところを捉えているように思えてならない。リズム、音の激しさ凄まじさを文字から感じる。特に延々と性交について論議し合う、『告白室の保存』には最後まで圧倒された。

2017/12/11

麻衣

夕焼けはひとを殺したあとの色ですよ。わたしは音楽の、曲がりくねったその句読点の部位で『真っ白』てなネーミングをもった曲を、作者の思惑に反して黒い時刻にききながら、わたしの名前もまた雪子やら雪美やら、そんな某アイスクリームを連想させるものやったらええのになぁとおもうのやけれど、ガラパゴス携帯よろしくわたしが逆パッカンすると赤黒い中身がこぼれてしまうんやからそれもまた一興なにやらめさめさにおもろい。しかし笑えると発語したことで、これまでわたしらがほんまに笑ろたことなんて正味ないわいなぁ。→

2020/11/06

14番目の月

水瓶に続きこの一冊。 こちらは、読みやすくてホッとします。

2017/09/06

桜子

腕をポンと引っ張られて、未映子ほーるに落とされた気分。奏でてるような言葉は読んでるけど聴いてるような。女性たちの美しいとこばかりじゃなく生々しさが、ああ好き、とても好き。また読みましょう、と思います。

2014/04/30

感想・レビューをもっと見る