読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

流れ星

流れ星

流れ星

作家
カレル・チャペック
田才益夫
出版社
青土社
発売日
2008-04-25
ISBN
9784791764044
amazonで購入する

流れ星 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

霜月ざら

とても不思議な話。飛行機事故で瀕死の男が病院に運び込まれる。誰なのか証明するものを持たず、顔も名前も意識もない。彼は患者Xと名付けられるのだが本当は何者なのか、嵐の日に飛行機で急いで何処に行く必要があったのか?看護尼僧の夢物語、同じ病院の患者の千里眼、詩人の小説で患者Xの人物像が語られる。患者Xは意識を取り戻すことがないから本当のところはわからない。死さえも恐れない心境とはどんなものだったのか私も気になる。

2016/09/09

ぴーひゃらら

自分の人生を他人に憶測されるなんて真っ平。なるべく多くの足跡を残すことが大事なんだと思った。

2010/06/27

感想・レビューをもっと見る