読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ベストセラー・ライトノベルのしくみ キャラクター小説の競争戦略

ベストセラー・ライトノベルのしくみ キャラクター小説の競争戦略

ベストセラー・ライトノベルのしくみ キャラクター小説の競争戦略

作家
飯田一史
出版社
青土社
発売日
2012-04-10
ISBN
9784791766499
amazonで購入する

ベストセラー・ライトノベルのしくみ キャラクター小説の競争戦略 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐久間なす

Amazonのランキングで一位になったライトノベル作品を徹底的に分析した本です。 作品を分析するというより、商品を分析するというような考え方についていけないところがあり、そこまで面白いとは思えませんでした。 もしかしたら、ライトノベルは自分の領域にはない文化なのかもしれないです。

2012/07/18

ミタカノミタカ

成功するラノベの共通要素として「楽しい」「ネタになる」「刺さる」「固有性」の四つを挙げ、ベストセラー作品がそれらの要素をいかに獲得しているか戦略を分析。扱っている作品は『とらドラ』『バカテス』『とある』『ハルヒ』等々。12年の刊行当時としても古めの作品ばかりだが、未だに書かれていることはブレていないと思われる。具体的な文章術を扱っている訳ではないものの、ある種技術書めいた体裁にもなっている。ラノベを商品として見る眼はあまり持っていなかったので、新鮮な気持ちで読めた。また新たな楽しみかたを教わった気がする。

2018/06/25

yyhhyy

元ラノベ編集者による10代オタクの好む作品傾向分析。最近のオタクは明るく、自意識もこじらせていない為に前向きな主人公を好むという指摘は昨今の売れ筋作品の傾向を的確に説明できています。とても良い本でした

2014/05/13

鳩羽

売れるライトノベルの作品分析も面白かったが、若い世代にはオタクというのは一種のキャラクターみたいな扱いになってる?という軽さみたいなものも興味深かくて、いろいろ納得してしまった。売れているラノベが、こういう明るく前向きで、旧世代のオタクがそっぽを向いてきたような現状肯定の方向を向いているようなものならば、空気のような娯楽として手に届くところにあればいいのかなと思える。

2012/04/18

hafen3710

ベストセラーになるようなラノベはなぜ売れるのか?なぜおもしろいのか?を作品、読者、出版社の事業分析から明らかにした本。読者のニーズ(楽しい、ネタになる、刺さる、差別化)を満たす作者のテクニックに唸る。10代オタク男性中心(第四世代のオタクというらしい)の徹底したマーケティング戦略から自分が外れていることにショック(そんな歳か)と納得(だから関心が持てないのか)。最近読み始めた「小説家になろう」でなぜテンプレ小説が量産されるのか、なぜ人気があるのかを不思議に思っていたが、一気に疑問が解けた気がする。

2015/04/21

感想・レビューをもっと見る