読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

思想をかたちにする 上野千鶴子対談集

思想をかたちにする 上野千鶴子対談集

思想をかたちにする 上野千鶴子対談集

作家
上野千鶴子
出版社
青土社
発売日
2015-04-24
ISBN
9784791768615
amazonで購入する

思想をかたちにする 上野千鶴子対談集 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鳩羽

『セクシュアリティをことばにする』が性や身体といった私的領域の対談が収められていたのに対して、こちらは国家や近代や文学といった公的な領域に関する対談が多く、前提とする知識がなかったので難しかった。著者が影響を受け、何を研究対象にしていったかを腑分けする第1章や、団塊世代についての第2章、第6章が面白い。だんだん当事者主権の考えに固まっていったのも、自分の性や身体、年齢、世代と向き合い、その時々にぶつかる問題を人任せやメタ任せにせずにしてきた結果なのだろう。

2015/07/29

Naomi

この本の中で対談されている方々の持っていらっしゃる語彙が、私の生活の中にある語彙と違っている。本当に日本語なのか…、誰かに簡単な語彙に訳してもらいたい。 なので、なんとなく書かれていることはこうなのかなという、私なりの理解で読んだ。読んで面白くないことはなかった。 ジブリのプロデューサー鈴木敏夫さんとの対談は、ジブリ作品を違った方角からみれて良かった。

2015/08/11

田中峰和

ジェンダーの研究者として著名な上野もすでに名誉教授だが、過激な言動はいまだに現役。社会学者や政治学者、哲学者など異分野の研究者との対談本だが、ジブリのプロデューサー鈴木敏夫との対談が面白い。二人は団塊世代でアメリカから受けた影響は大きい。「アナと雪の女王」のヒット要因を原発と集団的自衛権の影響と分析する鈴木。日本を好きになれない層が日常から逃れ、アメリカのディズニーに逃避したので大ヒットしたと主張する。一方、女が「アナ雪」に行くのは、男に希望の持てないゆえの逃避という上野。ジェンダー研究者らしい発言だ。

2015/07/15

RISK

内容については詳しくないジャンルだというのもあってあまり語れないのですが、変換ミスや入力ミスが多すぎ!「セクシュアリティをことばにする」でも多少ありましたが、こちらの方がひどいです。入力間違って消し損ねたままとか、変なところで改行してしまったままになっているとか、あまりにもひどい!可能であれば初版でない方が読みやすいのではと思います。

2015/07/04

感想・レビューをもっと見る