読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ダーシェンカ 愛蔵版

ダーシェンカ 愛蔵版

ダーシェンカ 愛蔵版

作家
カレル・チャペック
伴田良輔
出版社
青土社
発売日
2015-11-27
ISBN
9784791768998
amazonで購入する

ダーシェンカ 愛蔵版 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

minimu

猫の次はわんちゃん( ^ω^ ) あぁ可愛かった。チャペックの家に生まれた子犬のダーシェンカが、里子に出されるまでのエッセイと、8つのおとぎ話、チャペック自ら撮影した写真の数々までも収めた贅沢な愛蔵版です。「おとぎ話」はダーシャに向けてチャペックが語るのですが、どうやら肝心の本人(犬ですが)があまり熱心な聞き手ではなかったようです(^^) かわりに私が楽しませてもらいました♪ 文字が大きくて挿絵もたくさんあるので、小さな子への贈り物としてもよさそうです( ^ω^ )

2016/05/12

りいこ

チェコの作家カレル・チャペックによる愛犬記。 生まれたばかりのワイヤー・フォックス・テリア「ダーシェンカ」。 文章から、イラストから、写真から、ダーシェンカへの愛情がひしひしと伝わってきます。 犬のためにおとぎ話を創作するなんて、なんて素敵なんでしょう。 愛犬家の方なら、きっとにっこり笑ってしまうはず。

2018/01/28

KI

子犬を踏まないようにふわふわと歩くのは、人間の仕事だと思いませんか?

2019/06/14

mntmt

子犬は、やんちゃで、いたずらっ子。だけど、子犬がいる幸福がすごくよく伝わって来ました。丸っこいイラストがかわいい。写真もたくさん載ってます。どれもいい写真です。

2016/04/30

北風

ダーシェンカって、女の子ちゃんなのね。ほぼ日手帳のダーシェンカカバーを買うかどうか検討をする際に、ダーシェンカが何ものか確認するために購入・拝読。愛されている子犬たちはきっとみんなこんな感じだと思う。チャペルの愛情表現がさらに愛おしさを増す。それにしても、手放してしまったのか。可愛い頃の盛り、仔犬の頃だけというのが寂しいけれど、きっとそれが愛情も一塩というやつなのだろう。

2019/10/06

感想・レビューをもっと見る