読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ぼくは虫ばかり採っていた ―生き物のマイナーな普遍を求めて―

ぼくは虫ばかり採っていた ―生き物のマイナーな普遍を求めて―

ぼくは虫ばかり採っていた ―生き物のマイナーな普遍を求めて―

作家
池田清彦
出版社
青土社
発売日
2018-02-23
ISBN
9784791770526
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

「虫オタ」の世界は普遍に通ず
〈あなたが誰と結婚しようが、大金持ちになろうが、何で死のうが、虫から見れば、そんなことには何の価値もない〉――生命史38億年の大先輩、小さな昆虫たちが織り成す多様な進化のありさまは、大きな世界の法則を賑やかに語り出す。テレビでも活躍する著者が生き物たちとともに歩んできた研究人生の集大成。

ぼくは虫ばかり採っていた ―生き物のマイナーな普遍を求めて― / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

すぱちゃん

最初、虫採りに関する簡単なエッセイかな?と思い読み始めましたが、難しい。途中、虫採りについても書かれてますが、全般的な内容的には主に、進化がネオダーウィニズムでは全てを語れないことと(特に顎がない無顎類から顎が出来る進化等、大きな進化はネオダーウィニズムでは説明できない)、著者が研究している構造主義生物学の話で、生物学をきちんと勉強してないと分かりづらい本です。若いころ、生物学を専攻してましたが、時代は進んでいますね。昆虫採集の話は楽しく読めました。

2019/05/18

むさみか

最近の生物学ってこんな風なのか というのを知るのは とても楽しい読書でした クローンの話も とても斬新でした こういう話って 自分が学生時代から 更新される機会がないので ものすごく古臭いままでした 池田先生の語り口が軽妙で読みやすいエッセイです

2018/10/24

トムトム

読みやすい。分かりやすい。勉強になる。「池田先生がさ!」と人に話すと、違う池田先生と勘違いされる

2019/07/20

Woody

構造主義生物学から見た進化の解説が主体で、筆者の昆虫に対する視線も参考になる。3

2018/05/08

くまこ

科学も言語なのだ。

2018/04/21

感想・レビューをもっと見る