読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

映画はおそろしい 新装版

映画はおそろしい 新装版

映画はおそろしい 新装版

作家
黒沢清
出版社
青土社
発売日
2018-09-11
ISBN
9784791770915
amazonで購入する

映画はおそろしい 新装版 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

De PalmaX

現代日本映画の巨匠の一人、黒沢清の90年代に書かれた文章をまとめた論集。簡潔ながら響く妙に実用的な地に足のついた独特の読みごたえがある文体は、さすが映像のカリスマ、という謎の説得力が。たまに大人げない清が出て来て可愛かったりもする(特に「フィルムと男とビデオテープ」)。

2020/07/06

寛理

☆☆☆☆☆ 映画を見るうえで、非常に参考になる本。てきとうに使ってしまっている「ホラー」とか「アクション」とかいう言葉の意味をちゃんと考えさせられる。 しかしそれよりも黒沢清のユーモラスな文体が俺は大好きで、この本の「ゴダールとは何者か」というエッセイは何度読んでも笑える。

2019/12/30

感想・レビューをもっと見る