読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

地球外生命と人類の未来 ―人新世の宇宙生物学―

地球外生命と人類の未来 ―人新世の宇宙生物学―

地球外生命と人類の未来 ―人新世の宇宙生物学―

作家
アダム・フランク
高橋洋
出版社
青土社
発売日
2019-01-25
ISBN
9784791771370
amazonで購入する

地球外生命と人類の未来 ―人新世の宇宙生物学― / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヘラジカ

人新世において人類が及ぼす環境変化は、我々の文明が発達していくなかで成功か失敗かの文脈で語られるというのがまず面白い。「環境破壊」は悪という固定概念を崩された。地球にとって自然が変化するのは、大酸化イベントを経てきたことを考えても何ら特別なことではない。人間は悪者にはならず対処を誤った敗者になるだけなのだ。「人類の文明プロジェクトが長期にわたり存続するためには、私たちは、今はまだ知られていない方法で、地球のパートナーにならなければならない。」他惑星に生物がいない原因から考える人類の未来。非常に面白かった。

2019/02/05

JOJO

宇宙生物学の本。入門書よりは難しい内容だがとても興味深い。生命は地球という星の背の上に乗っかっているだけではなく、地球そのものにも影響を与えている。例えば大酸化イベント。生命によって酸素が作り出され、それによって地球環境も変わった。■ドレイクの方程式の最終項「技術文明の平均寿命」。地球文明はいつまで続くのだろうか。

2019/03/12

すみ坊

惑星と共に生きる、とは何か。 人類文明物語の行末を広大な宇宙にいるやかもしれない生命体の可能性から見つめ直す一冊、面白かった!

2019/02/24

感想・レビューをもっと見る