読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

子育てが終わらない 新装版 ―「30歳成人」時代の家族論 ―

子育てが終わらない 新装版  ―「30歳成人」時代の家族論 ―

子育てが終わらない 新装版 ―「30歳成人」時代の家族論 ―

作家
小島貴子
斎藤環
出版社
青土社
発売日
2019-02-22
ISBN
9784791771431
amazonで購入する

子育てが終わらない 新装版 ―「30歳成人」時代の家族論 ― / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

田中峰和

成人年齢を18歳にしようとする動きは選挙権でも実施されたが、齋藤環は逆に25歳まで遅らせる必要性を感じる。引きこもりの年齢は高くなり30歳どころか、40歳、50歳まで出現。80歳の親と50歳の引きこもりの8050問題も新たな課題に。老親の年金にすがる引きこもりは単身になれば生活保護しかない。日本や韓国で引きこもりが多いのは親子の同居率が高いから。個人主義傾向の米英仏ではホームレスが何十万人もいるが、70万人の引きこもりを抱える日本では若年ホームレスは1万以下。少子化は一人っ子率を高め、引きこもりも増やす。

2019/05/20

もか_れる

親も子も思考が強固になってる年だから問題解決難しそうだなぁ。子がひきこもりになる(家庭)環境を「ひきこもりになるシステム」が作られてしまっていると捉えて、そのシステムの元は染み付いてる習慣だったりするので、まず習慣を見直してみるという方法はひきこもりに限らず他の問題解決にも有効だと思った。

2020/04/05

Hideka

★★★★★今後の子育てにすごく役立つ!内容。成人した子供に対する態度の取り方しか書かれていないけど、結局はコミュニケーション論の話。ニートやひきこもりを想定した内容だけど、理由がどうあれ成人した子供と同居する全ての親が読むべき。子供が30過ぎても自立しないなんて、怖くて想像したくないけども、結局親子関係を固定化してしまう親側による影響も強いのだね…。しかし、成人してもそんなにパパママと一緒に居たいかねぇ?自分だけの世界を築きたいと思わない子供の心境が最後まで分からない。まぁ、色々と楽でしょうけども。

2020/02/04

感想・レビューをもっと見る