読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

なぜ脳はアートがわかるのか ―現代美術史から学ぶ脳科学入門―

なぜ脳はアートがわかるのか ―現代美術史から学ぶ脳科学入門―

なぜ脳はアートがわかるのか ―現代美術史から学ぶ脳科学入門―

作家
エリック・R・カンデル
高橋洋
出版社
青土社
発売日
2019-06-22
ISBN
9784791771752
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

脳、前衛芸術に挑む。
絵画を見て、それを「よい」と思うとき、脳では何が起こっているのか。複雑怪奇な前衛芸術が「わかる」とはどういうことなのか。ノーベル賞を受賞したエリック・カンデルが、脳科学、医学、認知心理学、行動科学から美学、哲学まで、あらゆる知を総動員し、人間の美的体験のメカニズムを解き明かす。

なぜ脳はアートがわかるのか ―現代美術史から学ぶ脳科学入門― / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アキ

2000年ノーベル医学生理学賞エリックRカンデルの書。脳科学と抽象芸術を題材に還元的手法で科学と人文の橋渡しを試みた。印象派から現代アートへの変遷は、フォルムと色の解放であった。脳の知覚はボトムアッププロセスだけでなく、抽象芸術にはトップダウンプロセスによる認知も関わっている。光の芸術ジェームズ・タレル「私の作品には物体もイメージも焦点もない。ではあなたは何を見ているのか?あなたは見ているあなたを見ているのだ。私にとって重要なのは言葉のない思考という経験を生むこと」直島美術館・南寺にてそれを体験できる。

2019/09/05

Takeya

脳、前衛芸術に挑む。絵画を見て、それを「よい」と思うとき、脳では何が起こっているのか。複雑怪奇な現代アートが「わかる」とはどういうことなのか。脳科学、医学、認知心理学、行動科学から美学、哲学まで、あらゆる知を総動員し、人間の美的体験のメカニズムを解き明かす。

2019/08/17

ハチ

エリックR.カンデルの今回の議題は近代芸術、現代アート・前衛芸術と神経科学。具象から離陸した画家たちの作品・思想・哲学を丁寧に確認しながら、神経科学からの解説を伴奏させる事で両者の対話を活発にさせることに成功している。アメフラシのニューロンの生理からニューヨーク派のアート作品にキラーパスが見事に通っていて感動した。

2019/07/11

iMas

タイトルのアートは、副題にある通り現代アート、特に抽象芸術がなぜ脳はわかるのかを脳・視覚科学から解いた本で、私にとっては新しいアプローチの本でした。 脳科学と関連して紹介されている芸術家も、モンドリアン以降の芸術家で、現代の抽象芸術の概要を把握するにもいい本でした。 アートがどのように捕らえられているのかを一言で表すと「具象画は脳のボトムアッププロセスに沿って処理されることを前提に制作されるのに対し、抽象画は脳のトップダウンプロセスの介入を核に処理されることを前提としている」というものです。

2019/09/12

shin

具象画から抽象画に絵画のトレンドが変化していく歴史を追いながら、脳科学的にどのようにアートが受容されていくのか解き明かしている本。脳科学のパートは専門的な部分もあるが、エッセンスは訳者解説に書いてあるのでそれを参照にしながら読むと分かりやすかった。

2019/07/19

感想・レビューをもっと見る