読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ものぐさ精神分析―二番煎じ (岸田秀コレクション)

ものぐさ精神分析―二番煎じ (岸田秀コレクション)

ものぐさ精神分析―二番煎じ (岸田秀コレクション)

作家
岸田秀
出版社
青土社
発売日
1984-01-01
ISBN
9784791790869
amazonで購入する

ものぐさ精神分析―二番煎じ (岸田秀コレクション) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ねなにょ

村上龍の『限りなく透明に近いブルー』が群像新人文学賞を受賞した話題を取り上げているくらいなので、やはり古い感はありました。三島由紀夫と芥川龍之介を論じている部分は解り易く興味深かった。

2013/04/24

cava

前作の延長線上にある作品だが、彼の性についての考察をフェミニストらに一度今作品を読んでもらい、性機能を淘汰されるであろう男たちを社会的に排除してもよいのかと、ぜひ説いてもらいたいもの。

2018/04/20

感想・レビューをもっと見る