読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

パウル・ツェラン全詩集 第Ⅱ巻

パウル・ツェラン全詩集 第Ⅱ巻

パウル・ツェラン全詩集 第Ⅱ巻

作家
パウル・ツェラン
中村朝子
出版社
青土社
発売日
2012-02-24
ISBN
9784791791774
amazonで購入する

パウル・ツェラン全詩集 第Ⅱ巻 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

うた

ツェランの詩は独特な切り詰められ方をしている。翻訳であることも相まって、それそのものが指し示されることはなく、詩の連なりのみからなんとか意図を想像できるところだ。そして翻訳自体の難しさを思わせる反面、日本語の詩としてもちゃんと響いてくるのが不思議だ。

2021/08/09

つだしょ

妻のジゼルにせよ、長男のエリックにせよ、悲劇。作品は、諦めともなんともいえない語の切り詰め方。読みはじめはわけがわからないが、しだいに何かが引っ掛かってくる。こういう言わなすぎる詩は好きだ。触発されたりもする……。

2012/09/03

感想・レビューをもっと見る