読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

パースペクティブキッド

パースペクティブキッド

パースペクティブキッド

作家
ひさうちみちお
出版社
青林堂
発売日
0000-00-00
ISBN
9784792602345
amazonで購入する Kindle版を購入する

パースペクティブキッド / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

TKK

鳩山郁子さんが大好きと公言されていて興味を持ちました。70年代のガロ・JUNEで掲載され、画風は躍動的とは言いかねますが、絵画や版画のようでむしろ独特なアプローチがあります。あとがきに書かれているように、主人公の男娼で超能力をもつキッドを描くことよりも、キッドに恋煩い追いかける人、キッドを追いかける人を追いかける人、というように執着心の連鎖が物語の要です。執着心については思うところ多々あるので興味深く読みました。古い作品ですけど、これは好きです。

2019/07/18

ちゅう

ラパンナジール、なんだろう?頭に浮かぶ。検索してみたら、ああそうだった、パースペクティブキッド!JUNEで読んでいた。アマゾンに注文した。何十年ぶりの再読。キッドは、相変わらず美しい。また出会えて良かった。

2020/10/01

NowHere

Kindle。魔性の美青年「パースペクティブ・キッド」(それも超能力者でバイセクシャル)を巡る人々の、欲望と執着の短編連作群像劇。ガロ・JUNEに連載していたようだ。スタティックでアヴァンギャルドな作風。吸血鬼の話が特に好き。

2019/08/30

Misato2009

ひさうちみちおの処女作「パースペクティブキッド」完全版。私はガロを購読していなかったので、ひさうち氏の作品に初めて触れたのはJUNE誌で、非常に強い印象を受けたのを覚えている。JUNE誌の掲載作で未だに覚えているのはこれだけかもしれない。超能力者キッドを巡る追いかけっこの物語である。あとがきでひさうち氏が「絵が稚拙」と言っているのはまったくどういう意味なのか、と訊いてみたいほど精密な絵がすばらしい。

2011/01/17

龍國竣/リュウゴク

キッドを追いかける者たちの、主に男色を題材にした連作であるが、前半はガロ、後半はJUNEと掲載誌が異なっている。前半は宙に浮いたり、コマの枠線を消してしまったりと実験的な要素が強い。作者はベケット『マーフィ』を真似したと語る。

2013/11/30

感想・レビューをもっと見る