読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

チバレイの日本国史─日本の國體とは

チバレイの日本国史─日本の國體とは

チバレイの日本国史─日本の國體とは

作家
千葉麗子
出版社
青林堂
発売日
2019-07-26
ISBN
9784792606541
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

チバレイが語る日本!
天皇陛下を中心に長い歴史を歩んできた我が国について チバレイがとことん語ります!

アベマTV『カンニング竹山の土曜The NIGHT』
洞口朋子杉並区議会議員(中核派)との対決レポートも収録!!

私たちの「日本」ってどんな国?
●そこにおられるだけで癒される、天皇陛下の不思議な力と奇跡
●縄文から令和まで、一気に読めるチバレイの日本通史!
●神の国、日本で体験した不思議な現象

第一章 日本の國體の基本
国家としての成り立ち
天皇を戴く国
天皇陛下の奇跡
歴史ある皇室
シラスとウシハク
「大御心」と「大御宝」

第二章 日本を表すもの
国土とその恵み、四季折々の国
国旗・国歌
日章旗
旭日旗
祝祭日には国旗を!
国歌
4番まであった「君が代」、紆余曲折を経て現在の旋律に
蛍の光も4番まで、天長節・紀元節唱歌

第三章 國史
顧みられなくなった近現代
チバレイの日本一早く学べる日本史
2千年以上歴史の継続する唯一の国の歩み
縄文時代
弥生時代
古墳時代
飛鳥時代
奈良時代
平安時代
鎌倉時代
室町時代
安土桃山時代
江戸時代
明治時代
大正時代
昭和時代
そして平成
令和元年の現在
靖國神社の成り立ちと日本人にとっての意義
日本のポジションと安全保障

第四章 日本の國體が育んだもの
西洋の民主主義に勝る日本の共同体意識
親が立派な場合、子供にはプレッシャー
維新と革命の違い
日本の危機、神社仏閣への棄損
韓国を「選ばない」という日韓断交
韓国に痛い目に遭わされた芸能関係者
さよなら韓国

第五章 神の国、日本
不思議な現象の意味
祖父の通夜に現れた老人
ヨーガの練習に向かう道で
頭の中を駆け巡ったコウモリの群れ
我が子に救われた命と、我が子が与えてくれた気づき+AC50
左翼の唯物論
青林堂との縁、禊としての『さよならパヨク』
神の国としての文化、神社はパワースポット

番外編 中核派vs國體護持派

巻末資料
チバレイによる教育教育勅語現代語訳

チバレイの日本国史─日本の國體とは / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

tnyak

長い歴史に裏付けられた日本の国體、つまり中心に天皇陛下がおられる日本について記された良書。「愛国者として天皇陛下を戴く日本の国體を守りたい」「二千数百年に渡る長い歴史は、天皇陛下が国民に寄り添ってこられた歴史でもあります。世界のどこにこんな幸せな国民がいるでしょうか」全くその通りだと思います。

2019/08/17

感想・レビューをもっと見る