読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

狐フェスティバル (集団読書テキスト・第2期 B 126)

狐フェスティバル (集団読書テキスト・第2期 B 126)

狐フェスティバル (集団読書テキスト・第2期 B 126)

作家
瀬尾まいこ
全国SLA集団読書テキスト委員会
出版社
全国学校図書館協議会
発売日
0000-00-00
ISBN
9784793381263
amazonで購入する

狐フェスティバル (集団読書テキスト・第2期 B 126) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

桜 もち太郎

都会から田舎に引っ越してきた中学生の三崎花子。伝統行事の「狐がえり」に誘われるが参加する気になれない。都会の子と田舎の子、互いに分かりあうには本音で語るしかない。都会と田舎を融合させた狐がえりが出来上がる。そう考えると「狐フェスティバル」という題名は絶妙だ。久しぶりの瀬尾作品。執筆のペースがスローな瀬尾さん。これですべての本を読了してしまった。そしてこの集団読書テキストは村上春樹の「沈黙」以来。やはり教育用図書なので考えさせられることも多い。暖かな気持ちに包まれながらの読書だった。

2017/11/03

r1chouchou

だいすき瀬尾まいこ本。 久しぶりに読んでも、変わらぬ青春感。 コロっと主張が変わる、サバサバした性格の女性が多い印象。

2020/03/08

感想・レビューをもっと見る