読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

人格障害をめぐる冒険

人格障害をめぐる冒険

人格障害をめぐる冒険

作家
大泉実成
出版社
草思社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784794214416
amazonで購入する

人格障害をめぐる冒険 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

funkypunkyempty

★★★★☆ ノンフィクションライター然としていないところがどの著作からもにじみ出ている。「人格障害」という言葉が果たしてきた役割、そんなこと考えたこともなかったので貪るように一気読み!

2020/10/06

あ。

治療法が確立されていないのは、致命的。そして、世間の認知度が極めて低い。自覚がないから、自ら専門家のもとを訪れるなんてあり得ない。精神病より、たちが悪いと思うぞ。

2017/02/28

ERI

難しい…。でも人格障害だからで決め付けてはいけないと思う。

2014/01/10

HAL.T

星5つ。言葉を作り言葉に踊らされ、しかしそこから大衆への理解が進む精神医学というものについて深く考えさせられる。

2011/07/31

感想・レビューをもっと見る