読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

映画の中の昭和30年代―成瀬巳喜男が描いたあの時代と生活

映画の中の昭和30年代―成瀬巳喜男が描いたあの時代と生活

映画の中の昭和30年代―成瀬巳喜男が描いたあの時代と生活

作家
片岡義男
出版社
草思社
発売日
2007-10-30
ISBN
9784794216441
amazonで購入する

映画の中の昭和30年代―成瀬巳喜男が描いたあの時代と生活 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Gen Kato

良くも悪くも新鮮な成瀬巳喜男評。受け手によって解釈、評価がこうも変わるものかという点、おもしろくもある。成瀬作品の常として、台詞にはなく画面でのみ語られている状況を「わからない」「描写の失敗」と断定するのはある意味「初心者の観点」で、むやみに「名作」をありがたがるより意味のあることなのかもしれない。が、気に入ったとする『銀座化粧』や『おかあさん』では登場人物の内面まで推し量れているのに、『めし』や『山の音』では「わからない」になってしまうのは、描写じゃなく観る側の好みの問題なんじゃないかなあ。

2019/01/27

koishikawa85

この本はかつてぱらぱらとめくった。あまりに自分の感想と違い、言いようのない不快感をおぼえた。今さら丁寧に読む気はしない。処分。

2017/01/08

感想・レビューをもっと見る