読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

秋田連続児童殺害事件―警察はなぜ事件を隠蔽したのか

秋田連続児童殺害事件―警察はなぜ事件を隠蔽したのか

秋田連続児童殺害事件―警察はなぜ事件を隠蔽したのか

作家
黒木昭雄
出版社
草思社
発売日
2007-10-26
ISBN
9784794216465
amazonで購入する

秋田連続児童殺害事件―警察はなぜ事件を隠蔽したのか / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

スノーマン

警察って何だろう…。もしここに書かれていることが真実に近いのならば恐ろしい。警察には、亡くなった二人の子供に対してそして遺族に対し真摯に向き合う姿勢が欲しい。この事件で有名なあの女性よりも捜査側のほうに重きをおいたノンフィクション。それにしても畠山鈴香に対する卒業文集の寄せ書き…。ここまで酷い言葉が記載された卒業文集を普通に配布する環境が怖いよ。。あと、すごくシリアスな内容なのに秋田の防災ヘリの名前が『なまはげ』だったことでちょっと癒された…。慣れれば普通に感じるのか?

2014/09/18

しげ

被害者家族は静かに涙を流すことすら許されないのか、と悲しい気持ちになりました。

2015/02/04

Chip2

まずは、二人の児童のご冥福をお祈りしたいです。本作は、警察組織の怠慢を追求した内容でした。警察だからという特化した環境ゆえの問題もありますが、組織という中には、善も悪も蔓延っているものだなと、改めて感じます。また、この事件は2000年代に入ってから起きている事件だということに驚愕します。加害者の心情を探りたい場合は、不向きな本だと思いますが、いろいろと感じるものがありました。筆者の黒木さんに興味をもち、他の作品を読みたいなと検索すると、既に他界されたと。また、違う驚きを受け、いろいろと切ないです。

2022/11/30

澤水月

うーん…正直ちょっと警察出身著者が「秋田警察はなっとらん」を暴く「ためにする」論調/推論が多すぎかなぁという感じ。刊行時まだ判決出ておらず、特に1件目の女児死亡捜査に不審点多いのはよく判るが気をつけないと陰謀論に走りがちな危うさも。余りの内容にとてもここに書けないが2件目男児殺害につき根強く囁かれる噂には迫っていないか無視しているし。1件目がきちんと捜査され逮捕していれば2件目は確かに起きなかっただろう。もう6年…著者が後に他の事件(岩手少女殺害)を追っている最中練炭自殺してしまったことも含め、重い…

2013/05/28

ますこ

この事件に関しては二冊目でした。今回の視点は、犯人側ではなく、警察がいかに怠慢だったかと言う感じの一冊で以前読んだ本よりかは、裁判の細かい描写がなくあっと言う間に読み終わってしまった。警察が本当にこれだけ頼りにならないと市民はどうしたら良いのか不安になった一冊でした。

2013/10/31

感想・レビューをもっと見る