読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

前-哲学的: 初期論文集

前-哲学的: 初期論文集

前-哲学的: 初期論文集

作家
内田樹
出版社
草思社
発売日
2020-12-23
ISBN
9784794224781
amazonで購入する Kindle版を購入する

前-哲学的: 初期論文集 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

原玉幸子

流行内田樹の若かりし頃の論考集。「(全哲学者鉄板の)やはりどこでも」のニーチェから、『大衆の反逆』のオルテガを経て、サルトルとの確執も交えたカミュにハイライトを当てる、其々まぁ解らなくもないですし哲学領域の教養を補足してくれますが、正直、今有難がって読む迄もなかった(その時の気分で評価が変わる!)本でした。でもまぁ、本書を読んだことで、本棚の奥のツンドク、カミュ『シーシュポスの神話』を引っ張り出して来ましたので、それはそれで良かったのかも。(良い出逢いであることを祈ります。)(●2021年・春)

2021/02/05

tokko

「20世紀の倫理」論は思想史の流れをたいへん掴みやすかったです。特に最近アルベール・カミュの作品を読んだばかりだったので、カミュ論も含めて参考になりました。ただ内田先生の想定読者が(おそらく)専門家なので、門外漢の僕にとっては難しかったです。

2021/01/24

岡本 正行

私には難しかった。一般向けの本ではないことは著者も書いているとおりである。フランスの文学、思想や哲学に最低限の知識や理解がなければ、全貌はとても理解できない。カミュやニーチェといった西洋哲学、とても難しい。難しいといって、避けてとおりたくないが、私には、猫に小判という類で、こういう世界もあるという読後感。身に沁みて、ためになった本ではない。偶々、図書館で借りた本、あとからすぐに予約が入って、返却期限が延ばせない事情があった。この本のなかに出てくる思想家を理解したうえで、などは無理。それでも参考にはなった。

2021/02/05

けんた

4.0

2021/01/19

感想・レビューをもっと見る