読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

子どもの英語教育はあせらなくて大丈夫!: 12ヵ国語を操る世界的数学者が、今伝えたい、子育てで本当に優先すべきこと

子どもの英語教育はあせらなくて大丈夫!: 12ヵ国語を操る世界的数学者が、今伝えたい、子育てで本当に優先すべきこと

子どもの英語教育はあせらなくて大丈夫!: 12ヵ国語を操る世界的数学者が、今伝えたい、子育てで本当に優先すべきこと

作家
ピーター・フランクル
出版社
草思社
発売日
2021-09-29
ISBN
9784794225368
amazonで購入する Kindle版を購入する

子どもの英語教育はあせらなくて大丈夫!: 12ヵ国語を操る世界的数学者が、今伝えたい、子育てで本当に優先すべきこと / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Mipyu

著者に共感することばかり。私も子供に英語を教える立場として、英語以前に日本語にたくさん親しむことが一番大切だと常日頃思っているし、子供たちと接していて読書量が極端に少ないことを危惧している。親が出来るのは学ぶきっかけを作ってあげること。そして子供にやらせることに一生懸命になるのではなく、親自身が楽しく学ぶことなのだと改めて思った。英語より早くから数学を勉強する大切さについては、数学的思考が実生活や語学習得にどう役立つのか私の実体験が乏しいせいかまだ心から共感するまで至っていない。数学もこれを機に勉強したい

2021/12/28

感想・レビューをもっと見る