読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

そして誰もいなくなった And Then There Were None (ラダーシリーズ Level 4)

そして誰もいなくなった And Then There Were None (ラダーシリーズ Level 4)

そして誰もいなくなった And Then There Were None (ラダーシリーズ Level 4)

作家
アガサ・クリスティー
ニーナ・ウェグナー
出版社
IBCパブリッシング
発売日
2014-07-24
ISBN
9784794602909
amazonで購入する

そして誰もいなくなった And Then There Were None (ラダーシリーズ Level 4) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

SOHSA

《購入本》多読61冊目。名作『そして誰もいなくなった』のGR版。和訳は中学の頃に読んだきりだったので真犯人が誰かとかどのようなトリックだったのかなどは全く忘れており、ある意味、とても楽しめた。読了後、なるほどそういう仕掛けだったかと改めて作者のアイデアに感嘆した。やはり推理物や探偵物は読み手を強引に物語の中へと引きずり込む。英語に不慣れな私でもすっかり引き込まれた。たとえ易しい英語で書かれていても退屈で手の進まない作品もあれば、本作のようにあっという間に読了するものもある。やはり作品自体の力は侮れない。

2019/07/04

koromo

帰国前か帰国後か、どっちに読み終えたか忘れた…。やはり流石アガサでどんでん返しに次ぐどんでん返しでハラハラした。毎日お風呂で音読しながら読み進めるのが楽しみだった。これを読んでるあいだ、お風呂が楽しみになった。笑 日本語でも読みたいけど、日本語だとどの翻訳家の方のが良いんだろう?

2016/05/08

空猫

14,500語,YL:4.0。111分(131語/分)。アガサ・クリスティの代表作の一つ。嵐の孤島,見立て殺人の嚆矢である。リトールド版では解決編までの流れが速く読者が推理する余地は少ないが,それでも十二分に楽しめる仕上がりになっている。

2018/03/31

RmB

題名だけはよく知られている一冊ではないでしょうか?意外と未読のかたも多いかと思います。ぜひ一読を。

2014/11/29

じゅれ

英語の勉強のため英文の本を読んでみた。 最初はゆっくりだったけど、読み進めるうちになんとなく内容は把握できるようになったかなという感じ。 アガサ・クリスティーの名作。 やはり英文だと文章のニュアンスが作者のままだから、読者に伝えたいことが伝わると思う。 ただそれを自分が理解出来るのはもっと英語が上達してからかな…

2016/03/13

感想・レビューをもっと見る