読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

言葉のない世界に生きた男

言葉のない世界に生きた男

言葉のない世界に生きた男

作家
スーザン シャラー
Susan Schaller
中村妙子
出版社
晶文社
発売日
1993-07
ISBN
9784794961242
amazonで購入する

言葉のない世界に生きた男 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

こばまり

例えば、物には名前がありそれを表す文字があるということを27歳で初めて知ったとしたら。パートタイムの通訳者として、一人の印象的な聾者に接した筆者によるルポルタージュ。所謂研究者ではないため、迷いや感動を包み隠さず記している点に好感が持てました。ヘレン・ケラーが水を認識した瞬間(本書では猫)は感動的ですが、その後のたゆまぬ努力にこそ心を打たれるべきだと改めて気付きました。序文はオリバー・サックス。

2015/03/01

みや@桃色日和

難聴と環境のために27歳まで言葉を知らなかった青年イルデフォンソが手話通訳者と出会い、自分を表現し始めるノンフィクション本。実話だとは信じられないほどに想像を絶する孤独だった。言葉というものが存在していることすら知らない彼は、様々な言葉を通じて伝達される情報や知識の全てを欠いている。自分の名前も時の観念も「好き」の概念も無い。彼が言葉を得るまでの思考は、どんなに頭を絞っても想像が及びもつかなかった。特に努力をせずとも言葉や知識を子供の頃から当たり前に享受している自分は、本当に恵まれている。深く痛感した。

2017/08/25

ブリーゲル

今年一番の良書。 27歳まで言葉の無い世界で生きた男の話。 人間は感情を共有する事で、孤独を少しだけ軽減できるとしたら、言葉を失った27年の彼の孤独はとてつもない物となる。 物に名前が有る事が分かり、言語を共有できるようになり、言葉の無い世界で生きた少年期の事を語るあたりは特に興味深かった。 大変な労力にて言語を習得する過程「私の努力は、現実のむごい衝撃を和らげてくれる無知という唯一のクッションを彼から奪ってしまったのではないか?」という一言が深かった。 良書だが読者が異常なほど少ない。

2014/11/03

言葉を持たない知性に時間の概念はあるのだろうか。本書には内的言語を持たないであろう存在の思考に関して、ずっと疑問に思っていたことが書かれている。学術的な興味から読み始めたが、彼らの現実は過酷だった。言語を持たないコミュニティなど、知らずに済ませられない状況ばかりだ。僅かでも知的好奇心を持つ人なら、読んでみるべき。

2016/12/22

Machiko

耳が不自由で言葉を知らずに成人したイルデフォンソとの出会いを手話通訳者が綴る。 そういう人達は大学の研究者には貴重とされているが、実際に彼等のような人達に関わるボランティアとっては珍しい存在ではないということが印象的だった。

2015/04/06

感想・レビューをもっと見る