読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

月の家族

月の家族

月の家族

作家
島尾伸三
出版社
晶文社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784794963024
amazonで購入する

月の家族 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

井戸端アンジェリか

死の棘に絡め取られた子供たちが凄く気になったので探してみた。チラチラとしか輝ける狂気ミホ&トシオは登場しないので不満は残るものの、話はとても面白い。でも、一見楽しそうな子供時代の裏にはカテイノジジョウが吹き荒れているんだよね。だんだん言葉がしゃべれなくなり、52歳で亡くなってしまった妹マヤの思いも知りたい。“自分らしさを取り戻す時間や場所が家庭の中のどこにもありませんでした” しんどいなぁ。

2019/10/07

ますのまちこ

何かが圧倒的に足りない、それは家族の安定感というか安心感なんだけど、その不幸せな気配がずっとどこかに漂っている、そんな子供時代の思い出たちだった。これは死の棘読むしかない。シマ(奄美大島)の子供たちの、玩具がなくても元気いっぱいに遊んでいる様子が明るくて救われたなあ。

2017/03/28

ポルポ・ウィズ・バナナ

島尾家サーガ、素敵すぎ。面白方面→「しまおまほのウンコ好きは明らかにトシゾの教育の結果」。マジメ方面「戦後間もなくは街に徘徊してた電波な方達話」

2009/04/25

猫風船

奄美で過ごした少年時代の記憶をつらつらと綴った本。こちらまで懐かしくなってしまうような喚起力のある文章です。奄美へ行ってみたくなりました。伸三さんは良い人だなあ。

感想・レビューをもっと見る