読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

街場の平成論 (犀の教室)

街場の平成論 (犀の教室)

街場の平成論 (犀の教室)

作家
内田樹
小田嶋隆
釈徹宗
白井聡
仲野徹
平川克美
平田オリザ
ブレイディみかこ
鷲田清一
出版社
晶文社
発売日
2019-03-29
ISBN
9784794970374
amazonで購入する

街場の平成論 (犀の教室) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まさひろ

一昨日出たばかりだが、新元号が発表される前に読み終えることができてよかった。 元号による時代の区切りは、ある意味では押し付けられた価値観による恣意的なものに過ぎない。 しかし、たとえそうだとしても、その区切りの節目にを何かを真剣に考えることは決して無意味ではないと思う。 内容は、全編を通して何一つとして明快な結論は書かれていないが、「その複雑さ込みの高い解像度で示された複雑な世界の記述」がもたらす高揚感は一読に値する。

2019/03/31

冬佳彰

内田樹さんが「お題」として、平成論を依頼し、書き手が様々な切り口で答えたという作りだ。結構、難しい設問だったのね、というのは、何となく分かる。俺に響いたのは、内田さん、白井さん、小田嶋さん、鷲田さんの論だったな。この手の緩いお題に対しては、(言い方は悪いが)真面目すぎると面白くないってことなのか?とは言え、俺も元号に沿った時代論って良く分からないってのは、平成を少しすぎた頃から元号ベースでモノを考えなくなったからかもな。あ、小田嶋さんの、平成の若者が貧しさを実感しない原因ってのは面白かった。解答は本書で。

2019/08/17

yhirose254

『ひるがえって、平成の庶民は、不平を言わない。可処分所得を制限され、非正規雇用を余儀なくされ、賃金上昇の望みを断たれ、親よりも狭い家に住み、20年前には存在しなかった・・携帯電話の通話料に圧迫され、雇い止めに怯え、結婚を諦め、・・倍近くに上昇した大学の授業料を負担しきれずに学資ローンまがいの奨学金に頼っていながら、それでもなお平成の平均的日本人の多数派は、与党を支持し、デモに集う人々に冷淡な視線を浴びせ、サービス残業に従事し、牛丼の安値を福祉の一種だと思い込もうとしていたりする。(p173)』言葉もない。

2019/06/01

emuuwaii

この30年の出来事を、自分なりの振り返りつつ読みました。短い期間のようでいろいろなことがあった平成という時代。各論者の振り返りには耳の痛い話が多数あり、読むのに時間が大変かかりました。「妄想を侮るべきではない。時代の気分を軽んじではいけない」という内田氏の指摘が心に引っかかりました。

2019/04/05

shin_ash

小田嶋さんがお気に入りなのでポチったが良書であった。今回の改元についてさほど興味が無かった私が、平成を総括する本書を平成の大晦日に読んだことは全くの偶然である。9人の著者のそれぞれの視点での平成の総括であったが、どれも読みごたえがあり、納得の内容であった。一方、思わず"自分の平成"を振り返って見たが、"瞬発力"だけでは何も思い出せず呆然としてしまった。日頃如何に狭い視野で暮らしているかを思い知らされたようだ。本書の助けを借りながらであるが、平成最後のひと時に平成を振り返れたことは良き経験になった様に思う。

2019/04/30

感想・レビューをもっと見る