読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

異教の隣人

異教の隣人

異教の隣人

作家
釈徹宗
細川貂々
毎日新聞「異教の隣人」取材班
出版社
晶文社
発売日
2018-10-26
ISBN
9784794970619
amazonで購入する

異教の隣人 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

藤月はな(灯れ松明の火)

背表紙を図書館で見た時に「がっつり、宗教について紹介しているのかな」と勝手に予想していました。読んだら儀礼や祈りの様子に信者さん達の声を載せている構成だったのでちょっと、違っていました。日本にある外国からの各宗教の紹介だけでなく、「ムスリムと衣服」や「日本人ムスリム」など、宗教と文化の折り合いなども書かれています。日本での暮らしでコミュニティの場ともなっている儀式についてと日本に住んでから自分の所属する宗教への意識への変化、ヒンドゥー教の「どんなものにも神様はいる」という考えが印象に残った。

2019/02/28

Norico

街を歩けば必ずといっていいほど、外国の方たちとすれ違うけど、その人たちがどんな宗教を信じているのか、あまり考えたことなかった。それは宗教に寛容というか、あまり関心がない日本人の国民性もあるのか。コプト教とかジャイナ教とか聞いたことのない宗教もあって興味深い。読んでて神を信じることもだけど、同国人で語り合う時間の大切さも感じた。異国で暮らす上で溜まるストレスは大きいんだろうなぁ。

2019/08/21

西

宗教と聞くだけで毛嫌いしてしまうところがあるが、異国の地で生きていく上で宗教というもののありがたさというのは確かにあるなと思えた。生きていく上で、まわりの人とのつながりは重要で、そのうえで宗教が文化的なつながりに大きく貢献すること、宗教儀式を通じて繋がり感が増すこと。私も中国に住んでいた時期があるが、あの寂しさというか、不安感を思い出した。異なる神を信じていても、互いに尊重しあうこと、何かを信じているということでは同じだから。

2019/04/21

遊々亭おさる

クリスマスにはキリスト教徒の真似事をしてお正月には神社に詣で、お葬式では仏教徒に様変わり。困ったときの神頼みを身上とする人々が暮らす国の中にある宗教を心の拠り所とする在日外国人の祈りの場をルポした広く浅くの一冊。ニュースの影響でイスラム教などはある種の偏見の目で見てしまいがちになるが、礼拝の場に赴いた記者たちは、他愛のないお喋りで盛り上がる女性たちなど日本人と何ら変わることのない普通の日常がそこにあったと言う。手軽に出来る異文化コミュニケーションの場。そして異なる生活様式を尊重することを学ぶ場にもなるか。

2019/01/05

nemunomori

多くの日本人には馴染みが薄いけれど、宗教を日々の生活の拠り所として暮らしている人々には寺院や同じ仲間の集う場所がなくてはならない場所なんだなあと痛感しました。他教徒を尊重し喜んで共存するシク教徒。女性を大切にするムスリム。死を穏やかな旅立ちと考えるタイ仏教。せっかく縁あって日本に暮らす隣人から多くを学び、ともに助け合える暖かな国にしたいと思いました。

2019/02/21

感想・レビューをもっと見る