読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

さよなら! ハラスメント

さよなら! ハラスメント

さよなら! ハラスメント

作家
小島慶子
桐野夏生
武田砂鉄
伊藤公雄
斉藤章佳
白河桃子
中野円佳
伊藤和子
浜田敬子
荻上チキ
トミヤマユキコ
佐藤信
出版社
晶文社
発売日
2019-02-26
ISBN
9784794970688
amazonで購入する

「さよなら! ハラスメント」のおすすめレビュー

アイドルグループは当然のようにハラスメントにさらされている? 世にはびこるハラスメントの元凶を探ってみると…

『さよなら! ハラスメント 自分と社会を変える11の知恵』(小島慶子:編著/晶文社)

 ハリウッドの大物プロデューサーによるセクハラを告発したことに端を発した#MeTooのムーブメントは、2019年に入っても続いている。つい先日も週刊誌にて、大手ゼネコン社員が就職活動中の女子大学生に関係を迫ったことが告発されていた。

 なぜハラスメントは起きてしまうのか。それは自分の行為が、ハラスメントだと気づいていないということが大きい。だからハラスメントを指摘された際「そんなつもりはなかった」「あれはコミュニケーションだった」などと、否定してしまう人が多いのではないか。

 元TBSのアナウンサーで現在は作家としても活躍する小島慶子さんも、ハラスメントをされたことに気づかなかったり受け流したりしてきたと同時に、

自分が普通だと思って行っていたコミュニケーションは実はハラスメントになっていたかもしれないと思い当たったこともありました。被害者であり傍観者であり時には加害者でもあった自分に気づいて、悔やむ気持ちが湧きあがりました。

と、告白している。そして自戒を込めて「も…

2019/3/26

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

さよなら! ハラスメント / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

モビエイト

セクハラ、パワハラ等のハラスメント。 男性側が加害者になる事が多い事であまり気にしてなかったのですが、この本を読んで、お互いに今までの習慣を辞めないといけないのだと思いました。イジリもイジメなんですね。

2019/03/15

Miki Shimizu

テーマはすごくステキ。対談の相手も、スペシャルな人ばっかり!言ってることもすごくよくわかる!でも、私はやっぱり小島さん好みじゃないのかも。笑

2019/03/24

感想・レビューをもっと見る