読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

戦争・平和・子どもたち―ロバート・キャパ写真集

戦争・平和・子どもたち―ロバート・キャパ写真集

戦争・平和・子どもたち―ロバート・キャパ写真集

作家
リチャード・ウェーラン
コーネル・キャパ
Richard Whelan
Robert Capa
Cornell Capa
河津 一哉
ロバート・キャパ
出版社
JICC出版局
発売日
0000-00-00
ISBN
9784796603720
amazonで購入する

戦争・平和・子どもたち―ロバート・キャパ写真集 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

aya.

『戦争では、だれかを憎むか愛するかだ。』彼はきっと様々な憎しみ、愛を写真として、永遠のものとして、封じ込めた。写真の中の人々は、たしかに生きている。日本も訪れていて嬉しい。『人を好きになって、それを相手に分からせることさ。』右手を頬にあて、こちらを向いて彼がこっそり教えてくれた写真家としての秘訣みたいだ。

2014/03/12

春ドーナツ

沢木耕太郎さんの著作からロバート・キャパ氏に興味を持つ。図書館にて何度も「ちょっとピンぼけ」(氏の自伝)の前を素通りしている(タローさんの評伝は読んだ)。ここ最近写真集の棚をじっとにらむこと多く本書を発見。目線を合わせていない子どもの無表情な顔は雄弁であることを知った。また戦場で撮られた写真が多く、大人びた表情でもあることが哀しい。戦車の大砲にまたがって鼻をほじっている少年のスナップは有名なのだろうか。きっと有名なのだろう。

2017/12/09

nutts

世界中が、「運動」と「騒乱」と「戦争」を行き来した時代。どんな風景にも、子どもの姿はあった。動乱の下では、たとえ遊んでいる姿であっても、子どもたちの表情のどこかに警戒の色があり、全体がバリバリと強張っているようだ。その全く対極にあるような、1954年の日本。平和であるということは、空気そのものが滑らかなんだなぁ。パブロ・ピカソの親馬鹿っぷりというのも、なかなか見れない一枚かも。妻と息子、息子の肖像画を収めたCapaの遊び心は好きだ。

2011/05/17

感想・レビューをもっと見る