読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

トイレの神様

トイレの神様

トイレの神様

作家
植村花菜
出版社
宝島社
発売日
2010-07-09
ISBN
9784796677547
amazonで購入する

トイレの神様 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あーさん★まおりゅうにハマってるよ!(≧▽≦)

歌手だと大黒摩季さんも本出してたなぁ~。もってるけど、こっちの方がタメになるような気がする。

2018/01/29

takaC

だいたいラジオやテレビで聞いてた話だったが、ロ・ビンソンは知らなかった。秘話はそれくらいかな。

2011/01/16

冬木楼 fuyukirou

図書館本。当時、車を運転中にラジオで聞いたのかな、不思議な歌だなと思ったのを覚えている。印象的な歌だった。私はほとんどテレビは見ないのだけど、紅白でこの曲が出た時はその時間だけテレビの前にいた。 先日、読み友さんのレビュー見て、あの歌の本があるのを知って借りてきた。ほぼ歌詞の通りなんだけど、しみじみ良い話だった。 私はこういう”受け容れる”ばあちゃんになれるかなあ…。

2018/09/21

こじポン

この本を読んだあとに久しぶりにトイレの神様を聴きたくなって聴きましたが、改めて良い歌だなあと実感しました。ずっとシングル曲だと思っていたのですが、アルバムのリード曲だと知ってびっくり😲植村花菜さんが、「この曲にはどうしても10分という長さが必要で、どこかひとつでも切ったら、この曲の良さは失われてしまう」と言っておられた意味が、聴いててよく分かりました。おばあちゃんとの時間、もっと大切にしないとなと改めて思わせてくれた本です😃

2019/04/03

kitten

図書館本。タイトルが懐かしくて つい借りてしまった。これ、トイレの神様が発売された年に書かれてるんやね。確か、紅白にも出てたはず。紅白史上、もっとも長い曲。いい歌だったなあ。ストリートの人を見る目が変わりそう。この曲以降を知らないけど、まだ歌ってるのかな?それとも、目標どおりいいお母さんになれてるのかな?

2017/05/16

感想・レビューをもっと見る