読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

デッドクルージング (宝島社文庫)

デッドクルージング (宝島社文庫)

デッドクルージング (宝島社文庫)

作家
深町秋生
出版社
宝島社
発売日
2011-11-05
ISBN
9784796687041
amazonで購入する

デッドクルージング (宝島社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おしゃべりメガネ

『アウト~ 八神瑛子シリーズ』の作者さんの作品で、本作も非常にスピード感があって読みやすかったです。前述した『アウト~』シリーズもそうですが、とにかく細かいコトは抜きにして、ひたすらこのリズム、テンポにいかにのっていくかが重要です。設定やキャラの全てがアッという間に、その独特な世界観に包まれ、中でも特筆すべきは主人公の女性工作員です。その‘手際‘や‘タフ‘さ加減はある意味、尋常ではなく、バイオレンスの域をはるかに超えています。90分モノのアクション映画を観ているような感覚でストレスなく読めます。

2011/11/20

ユザキ部長

感想としてはメチャメチャ。全てが破壊で終わる。仮想近未来日本がこうなったら困るな。そもそも政府が移民を受け入れたら伝統や秩序が崩壊し治安もへったくりもなくなるであろうね。おっかねえなぁ。

2016/04/10

はつばあば

何という本やぁ~!。そら深町さんやもんしゃ~ないわ、あの果てしなき渇望の・・。女が強いって事に惹かれて読了。確かに強い。しかし・・2011年に書かれたものなんですがリアル。オリンピックをあと3年に控えている。もうオリンピックなんて要らんやんって言いたいくらい元00と0川さんと都知事の表面上にこやかな嚙みつきあいにウンザリ。お金も無いのに見得はらんでよろし。それでなくても韓国・北朝鮮・中国・アメリカ・そして肝心の総理ときな臭い事ばっかりやのに・・。一党独裁の生臭い現実にならんことを願ってます。

2017/05/30

巨峰

映像化してほしい。暴力!暴力!暴力!裏切り!スカッとはしないけど、畳み込むような展開は悪くない。

2019/05/11

アッシュ姉

深町さん7冊目。深町さんにしては破壊力が弱すぎる。これくらいでは物足りない!もっと激しいバイオレンスを!もっと過激でキレキレに!もっと凄まじい衝撃を!もっとグロく!もっと救いなく!もっと圧倒的なパワーで私をぶちのめして~。※アッシュ姉はノーマルです。。肩入れできる登場人物がいなかったのが、いつものように楽しめなかった原因かも。女サイボーグといえるファランのキャラは魅力的だったが、残念なことに影が薄い。彼女を軸にストーリー展開されていたら、もっと感情移入できたかもしれない。

2015/10/28

感想・レビューをもっと見る