読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ファンタージエン 秘密の図書館

ファンタージエン 秘密の図書館

ファンタージエン 秘密の図書館

作家
ラルフ・イーザウ
酒寄進一
出版社
ソフトバンククリエイティブ
発売日
2005-09-29
ISBN
9784797329834
amazonで購入する

ファンタージエン 秘密の図書館 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

にゃおこ

この間再読(聴だけど)した、くまいもとこさん朗読の『はてしない物語』をきっかけに、読後の余韻にひたりながら、エンデさん情報を検索。 21世紀に入ってから、プロの作家たちによる2次創作の厚い本達が作られてたことを(shared worldって言葉も含め)知りました。 他の作品も読んでみたいな。

2021/06/06

昼と夜

バスチアンの冒険のきっかけを生んだあかがね色の本はどうやって古本屋に辿りついたのか?古本屋に就職希望のカール・コンラート・コレアンダーは行方不明となった店主兼ファンタージェン図書館長トルッツを探しにファンタージェンを奔走する。『はてしない物語』で育った世代が同作品をオマージュして描いたシリーズのラルフ・イーザウ版の本書、シェアワールドの作品としても素晴らしい上に発想が斜め上った。特に機械仕掛けのフッフールとか。。こんな設定誰が考えんねん!

2014/03/21

でぃず

はてしない物語を再読したくなったのでファンタジー文学ループに陥りそう。 よかった。

2018/02/03

くろり - しろくろりちよ

ファンタージェンといえば…お見出すのはミヒャエル・エンデの『果てしない物語。果てしない物語の中で、これはまた別のお話、別のところでしようとしよう。そういって想像の彼方に消えて行った物語りが、こうして現代のファンタジー小説家によって成し遂げられようといている。今回は、古本屋の店主カール・コナラート・トレアンダーのファンタージゥン図書館について書かせた物語り。時代背景をハッキリさせていることが本編とは違ったよさが見えて。といいつつ自分はあくまで本編派ですが。

2011/07/11

sira

再読。確か初めて読んだファンタージエンシリーズ。前に読んだ同シリーズの『忘れられた夢の都』でのファンタージエンよりこちらの方が自分が描いている物に近いのか、前史という体裁故に受け入れやすいのか、やっぱりしっくりくるなぁと。元々好きな作家さんという色眼鏡もあるかも。

2011/05/25

感想・レビューをもっと見る