読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日本でいちばん心温まるホテルであった奇跡の物語

日本でいちばん心温まるホテルであった奇跡の物語

日本でいちばん心温まるホテルであった奇跡の物語

作家
柴田 秋雄
瀧森古都
出版社
SBクリエイティブ
発売日
2015-07-28
ISBN
9784797380927
amazonで購入する Kindle版を購入する

日本でいちばん心温まるホテルであった奇跡の物語 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぷれば

4期連続赤字、競合ホテル、リストラ…10数年前、倒産寸前の泥沼状態だったホテルの奇跡の物語。総支配人をはじめ、従業員たちが取り組んだ再生への道。救ったのは、非常識なまでの「社員を幸せにする経営」。仕事が夢と希望であふれる、4つの感動秘話に時々グッとこみあげる。お客様と従業員との間に生まれた温かなエピソードには、ホテルだけでなく、どんな業種、あらゆる仕事にも相通じる、人としての基本があふれている。

2016/04/26

けんとまん1007

やはり、そこに働く人がすべてだと、再認識。仕組みもあるが、こころがこもっていないと、形骸化に終わる。それぞれが、想いを持つこと、その想いを大切にすることが、時間がかかるかもしれないが、伝わるのだということ。また、それを感じ取れる方が集まってくることで、いいのかもしれない。これは、スキルというレベルでは、測れないものだと思う。こういう姿に、少しでも近づいていきたい。

2019/04/01

てつ

赤字続きで倒産寸前の「ホテルアソシア名古屋ターミナル」をポスピタリティを重視することにより黒字回復させた心温まる話。 4つの感動エピソードは、どれも心にひびく。大切なのは「他人を思いやる心」だとあらためて気づかせてくれる。「心の回復」「感謝の気持ち」「心を通わす」「笑顔の花」「勇気の一歩」「お客様の笑顔のために」「正直に生きる」など素敵なキーワードが満載。「全ての活力の源は”人”」「全ての行動の源も”人”」。人づくりの大切さを教えてくれる良書。

2016/07/24

Naomi

出版記念パーティーで手にして、昨夜一気に読んじゃいました。ドキュメンタリー映画「日本一幸せな従業員をつくる!」で知っているエピソードもありますが、文章でより深く知ることができ、心に響きました。人として、心に留めておきたい言葉がたくさんあります。「笑顔」で「優しく」、「自分として」生きていく勇気をもらいました。

2015/08/22

roomy

泣いちゃった。素敵な上司や仲間がいると頑張って働けるね。

2016/09/08

感想・レビューをもっと見る