読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

クラシック音楽のトリセツ (SB新書)

クラシック音楽のトリセツ (SB新書)

クラシック音楽のトリセツ (SB新書)

作家
飯尾洋一
出版社
SBクリエイティブ
発売日
2015-03-17
ISBN
9784797381153
amazonで購入する Kindle版を購入する

クラシック音楽のトリセツ (SB新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

通りすがりの読書家

★★★★★クラシック音楽の現代の基礎知識を身につけたい人には最適な書である。ただし、クラシックファンとしては当然物足りない。まあ、入門書なので当然だが。音楽家の逸話、作曲の契機を知るのであれば現代教養文庫の『名曲物語』が良いだろう。

2017/01/14

TSUBASA

クラシック音楽を聴いてみたい人のための取扱説明書(トリセツ)。コンサートのチケットはいくらぐらいなのか?いつ拍手をしたらいいのか?暗黙のルールがあるんじゃないのか?といった疑問があってなかなかコンサートに足を運べないという人向け。ま、よっぽどの人気オケじゃなければ肩肘張らずに行って何にも問題ないですよ、という話。オペラとかバレエは行ったことないから一度行ってみたいなぁ。最後に定番名曲の紹介が載っていますが、この手の紹介のご多分に漏れずちと選曲が入門者向けでない気が。どっちかというとその曲の逸話が面白い。

2015/12/16

禿童子

オペラはイタリア語などの外国語の歌詞で演じられるので、どうやって内容をつかむのか疑問だったが、最近では日本語字幕が出るとのこと。スカラ座の日本公演のS席は6万2000円!一番安い席でも1万円とため息が出る。2015年刊の本書は、クラシックをインターネットで聴くのは邪道ではない、「もはやネットで聴かずしてなんで聴くの?」と、私のような初心者に優しい本です。

2017/01/24

モルテン

クラシック音楽をこれから聴こうという人のための入門編。何から聴けばいいの?コンサートってどこでやってるの?どんな恰好していけばいいの?どこで拍手すればいいの?どんなマナーがあるの?定番曲って何?これらの質問に丁寧に答えてくれる。「大丈夫、緊張しなくていいんだよ」と優しい著者の姿勢にホッとする。

2017/02/16

優花

よくあるトリセツより断然分かりやすいトリセツだった。クラシックやコンサートについての初歩的な事が、実に読みやすく分かりやすい文章で書かれてたので、すぐに読めた。「この定番名曲を聴いてみよう」では(知らない曲もあった)、曲そのものの解説というよりも、1つのお話みたいになってて、特に「剣の舞」「巨人」は笑った!

2015/03/23

感想・レビューをもっと見る