読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

誰が「都政」を殺したか? 特別対談 小池百合子東京都知事

誰が「都政」を殺したか? 特別対談 小池百合子東京都知事

誰が「都政」を殺したか? 特別対談 小池百合子東京都知事

作家
上杉隆
出版社
SBクリエイティブ
発売日
2017-01-14
ISBN
9784797390568
amazonで購入する Kindle版を購入する

誰が「都政」を殺したか? 特別対談 小池百合子東京都知事 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

緋莢

豊洲市場の移転、オリンピック競技会場など、様々な問題を抱える東京都。都政の迷走は、石原都政からではなく、1995年が原点だった。18年間にわたり都政を取材、1999年の都知事選では鳩山邦夫の秘書として関わり、2016年の都知事選に立候補した著者が、現都知事・小池百合子との対談も交えながら、都政を「伏魔殿」とした要因を探る。

2017/07/06

田中峰和

小池百合子が伏魔殿と呼んだ都庁、GDPで10位に該当する国家並の予算が動く。豊洲市場、東京五輪、大金の動くところには利権を求めるハイエナが集まる。都議選を4位で落選した上杉隆は、小池にゴマをすりながら、それを無視されながらも持論を展開する。上杉によると豊洲移転問題は全て浜渦の利権問題追及は自分の手柄のように言う。五輪のゴルフ会場が埼玉県霞ヶ関に決まったのは武田恒正、戸張捷などの慶應義塾閥とも言う。小池を対談に呼ぶため彼女を全面肯定する上杉。いまだに、自分が当選していればとぼやく、しつこい発言が女々しい。

2017/04/08

Melody_Nelson

久々の上杉さん本。以前から都政に結構関わっていたのね。知らなかった。そして、メディアが話題にしない会場の変更、つまりゴルフ場が都営の若洲から、川越の「名門」ゴルフ場に変わっていたことなど知らなかったので、軽く驚く。上杉さん本を読むといつも思うけど、メディアは怖い。某国大統領のように「Fake Newsばかり」とまでは言わないけど、信用ならぬ。特に「記者クラブ」制度とクロスオーナーシップがある限りは。ついでに、D社は利権を持ちすぎ。

2017/02/19

ざび

上杉隆氏の最新刊。相変わらず御用会社となっているマスコミ批判は面白い。

2017/02/13

ヤス

ゴルフ場の問題は100%支持するが、豊洲の問題は対案が欲しい。どのように食の問題を解決していくのか、全体ビジョンは検討余地多い。

2017/02/26

感想・レビューをもっと見る