読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

幼女さまとゼロ級守護者さま 2 (GA文庫)

幼女さまとゼロ級守護者さま 2 (GA文庫)

幼女さまとゼロ級守護者さま 2 (GA文庫)

作家
すかぢ
狗神煌
出版社
SBクリエイティブ
発売日
2018-04-12
ISBN
9784797396751
amazonで購入する Kindle版を購入する

幼女さまとゼロ級守護者さま 2 (GA文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

じお

★★★★☆ 1巻は酷くディスりましたが、感想は「何だよちゃんと面白いの書けるじゃない」と。1巻とは打って変わり、冷酷で有能だが根っこはコミュ障陰キャの主人公が魅力的に描かれ、「お約束要員」であり成長を見せる咲乃ちゃんを筆頭にしたエロ萌えコメディシーン、より深く掘り下げた設定と異能力バトルがキチンと話を盛り上げる、崩壊しそうだけど数値で能力差が出るのはやっぱりワクワクして、何というか普通に面白い王道異能バトルものに仕上がってました。ただバトルシーンの臨場感の無さだけは流石にちょっとダメなところかなw

2018/05/10

真白優樹

咲乃が止水に弟子入りする中、新たな迷宮の中、すぐ側にいた暗殺者が襲い来る今巻。―――歌響く迷宮に踊るは、一対の道化の影。世界観も整い新たな仲間も増える中、一対の道化が襲い掛かり、新たな大アルカナも迫る今巻。思惑は交錯し合い、側にいた道化は牙を剥き、魔術師と女王が襲い来る。戦略要素の味を濃くし一瞬たりとも油断できぬ戦闘が続く今巻。その知略と魔法が入り乱れる戦闘は、前巻にも増して心を躍らせ面白さが更に深まり独自の味を出し始める巻である。平穏も束の間、愚者と道化の戦いの行方とは。 次巻も須らく期待である。

2018/04/13

るか

今回はバトル多めというかほぼバトルの中咲乃が色んな意味で輝いていた。歌乃と詩乃の立ち位置がちょっと意外なものだったので驚きもありましたが前半と後半でタイプの違ったバトルは面白かったですし殺伐とした戦いの間に和む場面もしっかり組み込まれていて楽しめました。弱者が強者に勝つ爽快感もありますし咲乃の壊れ具合はただただ面白かったです。羽玖の活躍の場面はスキルからしてあまりなさそうですが前巻からの話の流れが今回はあまりなかったので今後どうなっていくのか楽しみです。次巻もバトルが続く展開なので早く続きをお願いします。

2018/04/15

青菜結

すかぢ氏の描くライトノベル2巻目。ジャンルは近未来頭脳派異能バトルという枠組みでいいのだろうか。1巻は謎解き要素が多かったが、今巻は戦闘多め。魔術のシステムや運用法、登場人物同士の関係性等面白い要素は多いが、今後の展開次第でどう転ぶかわからない。3巻の発売を気長に待ちます。

2019/11/16

teafool

「もらった!」-その瞬間……-「なっ!?」という展開が多すぎて微妙。文庫という媒体の都合上、先の文量もわかるし、あまり続くと「あー、はいはい、さっきと同じような展開なんでしょ」となってしまう。異能バトルものとして、微妙の一言につきる。3巻買って切るか、そもそも3巻買わずに切るか、どっちかなというところ。

2018/12/09

感想・レビューをもっと見る